page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ソウルのホテル、おすすめはズバリ「ホテル・プレジデント」ですよ! (前編)


掲載日:2017/06/25 テーマ:海外旅行の準備 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: お得 街歩き 穴場


初めて行く国の印象を決定づけるのはホテルかもしれないから……

303室の客室数を誇る大型ホテルです 303室の客室数を誇る大型ホテルです

初めて行く国のホテル選びは、頭を悩ませるものですね(またそれが楽しくもあるのですが)。ソウルへ初めて行くことになった私は、どのエリアに泊まるのがいいのか見当がつかず、さんざん迷いました。結局、選んだのは、市庁(シチョン)エリアにある大型ホテル「プレジデント」。もっと安いホテルもありましたが、ソウル到着翌日の朝早くから参加する現地ツアーがあり、その集合解散場所がこのホテルだという一点だけで選んだのです。

立地の良さはフットワークを左右します

ホテルを出るとこんな風景です ホテルを出るとこんな風景です

こんな単純な理由で選んだホテルでしたが、泊まってみると良さがよくわかったのであらためて詳しくご紹介しようと思います! まず、立地が最高です。地下鉄2号線「乙支路入口(ウルチロイック)」駅8番出口から出ても、1号線「市庁(シチョン)」駅5,6番出口から出ても徒歩数分。繁華街の明洞や南大門あたりは徒歩圏内。しかもホテル周辺にはグルメの名店が揃っているという、好立地のお手本のようなロケーションなのです。加えて、近くに建つロッテ、ウェスティン朝鮮、ザ・プラザといった五つ星ホテルに比べると、料金は抑えめというのもありがたいです。

歴史あるホテルが美しく改装、新オープン

細長い「シングルコーナールーム」 細長い「シングルコーナールーム」

このホテルは、開業は1971年とだいぶ昔ですが、2011年に全面改装し、さらにツインもしくはダブルルームを順次改装工事をしているようです。ツイン(ダブル)は、部屋のカテゴリが「スタンダード」と「デラックス」に分かれています。デラックスの方は改装したての新しいお部屋で、料金も2000円ほど高めです。今回、私は2種類の客室に泊まりました。初めはシングルコーナールーム、それからデラックスダブルルームにアップグレードしてもらえたためです。

コーヒー・紅茶が好きな人は買ってきましょう

ごく一般的なしつらえのバスルーム ごく一般的なしつらえのバスルーム

シングルルームは、意外なほどに快適な間取りでした。長細いスペースにうまくインテリアが配置され、シングルルームにありがちな窮屈さはまったくありません。備品はごくシンプルです。粉末の高麗人参茶と、何かしら韓国風の味がするティーバッグが置いてあり、コーヒーや紅茶はありません。ホテルにしてはちょっとめずらしいですよね。水回りやインテリアは古いですが清潔に保たれていました。また、Wi-Fi環境も問題ありません。(後編に続く)

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/06/25)

海外旅行準備マニュアルもあわせてご確認ください。

  • 海外旅行準備マニュアル
  • ※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
    ※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
     提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
    エイビーマガジンについて

     

    キーワードで記事検索

    検索