スパの予約は専用フォームから簡単にできます!

「ソウル随一のセレブなホテル『フォーシーズンズホテル ソウル』宿泊レポート」その1からの続きです。フォーシーズンズホテル ソウルのスパは、トリートメントルームが7室と少ないので、予約をおすすめします。私は公式サイト(https://www.fourseasons.com/jp/seoul/)の「お問い合わせ」のフォーム(英文)から予約を入れました。入力したメールアドレス宛にすぐ丁寧な返信が来て、簡単に予約が完了しますよ。このスパがまた、本当にすてきでした。

スパの受付。敷居が高い雰囲気ですが、予約していれば安心 スパの受付。敷居が高い雰囲気ですが、予約していれば安心

飾り立てずに上質さを表現する、美しいスパ

インテリアから感じられるコンセプトは、“ゴージャス”でも“エスニック”でもなく、シンプルでモダン。受付に配されたオーガニックな雰囲気のオブジェ以外は、実にスッキリと仕立てられていました。個室も同じく、高級感はたっぷりなのに余計な飾り付けは一切なしです。私が選んだメニューは、シグネチャートリートメントのひとつ「ワークバスター」。これは、頭部の集中ケアにより、デスクワークなどで凝り固まった上半身の疲れを取るというものです。韓国のマッサージは、街場で受けても全体にレベルが高いと常々感じていましたが、こちらはやはり間違いなくトップレベルの満足度でしたよ。

驚くほどシンプルなトリートメントルーム 驚くほどシンプルなトリートメントルーム

「どこで買えますか!」と尋ねたくなるおいしいお菓子のサービス

施術の正確さはもちろんのこと、とくに印象深かったのは、施術後にサービスされたお茶菓子(結局、マッサージよりも食い気?)! ヤックァ(薬菓)という名前の、韓国伝統の揚げ菓子でした。こちらでいただいたヤックァは、次回にご紹介するホテル内のレストランのスイーツコーナーにあったヤックァよりも、さらにおいしかったんです。しかもお茶セットも愛らしく、まるでソウルの新しいカフェのようです。思わずスパの一角であることを忘れそうになりました。スタッフの皆さんもすべての場面で心地よい対応をしてくれました。インテリアのシンプルさは、そのままこちらのスパの自信の表れと受け取れましたよ。

これが本当においしくて、今も忘れられません…… これが本当においしくて、今も忘れられません……

ソウル中心部のホテルでもっとも優雅な室内プールでしょう

スパとともに、ぜひ行ってみたかったのがプールです。3レーンの室内プールは、広くはありませんが縦の長さが20メートルあるのでたっぷり泳げます。8階の窓からは、ソウルの町中が見渡せます。モザイクタイル貼りのプールも美しいですが、照明や壁面アートもシックで、いかにも都会の屋内プールといった上品さが素敵でした。素敵なのはプールだけでなく、フィットネスの受付とプールへ続く階段の美しさはため息が出るほどでした。建築・インテリア好きな方は、泳がなくてもこちらの内装とライティングを見てきてくださいね! (その3に続く)

天井の照明も凝っています 天井の照明も凝っています