何かと利用が難しい路線バス

みなさんは、海外旅行で路線バスを利用したことはありますか? 日本でもそうですが、バスにはそれぞれに違ったルールがあります。例えば、あるバスは先払いの定額制、あるバスは整理券を受け取って後払い制とまちまちです。電車と違って、乗車方法がバスごとに違います。また、バスは生活交通としての利用が多いため、こうしたルールに慣れた人が多いものです。初めての人は乗車時にまごついてしまい、後ろの人を待たせてしまうことも多いのではないでしょうか。特に海外でのバス利用は言語が違うだけではなく、独特のルールがあったりしますので尚更です。今回は日本から気軽に旅行できる、韓国旅行で注意したいバスのルールをご紹介します。

乗り遅れに注意! 手をあげないと停まらない韓国のバス 乗り遅れに注意! 手をあげないと停まらない韓国のバス

公共交通機関が便利なソウル市内

ソウル市内は、かなり公共交通機関が発達しており、昼夜問わず安全に利用することができます。特に地下鉄は、主要観光地を網羅しているばかりではなく、国民の生活交通として様々なエリアに行くことが可能です。また、その各駅から更に町の細部へと繋ぐ役割を果たしているのがバスです。ソウルを走るバスは、主に5種類に分かれます。色で分けられたこのバスは、その路線や走行距離が違います。予め調べておくか、インフォメーションセンターなどでどのバスを利用したらよいか確認をしておきましょう。

バスの素通りに要注意!

さて、韓国のバスを利用する際に最も注意したいのが、バス停で待っていても素通りしてしまうことがあることです。必ず多くの人数が乗車する空港やソウル駅などの場所以外、町の小さなバス停は要注意です。素通りを防ぐためには、バスが近づいてきたら必ず手を挙げるようにしましょう。これだけでバスの素通りを防げます。タクシーを停めるような感覚ですが、これをするとしないでは大違いです。特に小さなバス停では、バスの本数も限られていますので素通りされてしまうのは大きな問題です。韓国でバスを利用される方は、この習慣を忘れずに旅行を楽しんで下さいね。