日本にはない驚きの交通ルール

みなさんは、海外旅行で驚きの交通ルールやマナーに遭遇したことはありませんか? 日本では当たり前と思っている交通ルールやマナーも、国が違えばそれも全く違うものです。私も幾度か海外で車にクラクションを鳴らされたり、危ない経験をしたことがあります。自分では普通に道路を横断したり、歩いているつもりでも、知らず知らずに現地のマナー違反をしているのかもしれません。今回は気軽に旅行に行ける、お隣韓国の交通ルールとマナーを2つご紹介します。

赤信号も関係なし? 韓国の怖い交通ルールとマナー 赤信号も関係なし? 韓国の怖い交通ルールとマナー

アメリカの影響で車が右側走行

まず真っ先に気をつけたいのは、車が日本と違って右側を走行しているということです。同じアジアの国ですが、これは日本人が真っ先に感じる違和感と思います。韓国が日本によって統治されていた時代は左側走行でしたが、独立後はアメリカの影響によって右側走行になりました。この走行方向の違いは、意外にも歩行者も気をつけなければならないポイントです。日本式に慣れていると、道路を横断する際に右から先に走行車を確認します。しかし、韓国では左から先に確認する必要があります。これは先に手前を横切る車を確認するためで、意外と見落としがちでハッとします。予め意識しておくようにしましょう。

信号が赤でも車は右折が可能

また、もう1つ特に気をつけたいのは、信号が赤であっても車は右折できるということです。何気なく横断歩道を渡ろうとしていると、いきなり車が突っ込んできて驚きます。私はこれを知らずに何度かクラクションを鳴らされてしまい、あとから調べて納得しました。アメリカも同様の交通ルールがありますので、これもアメリカに影響を受けた交通ルールなのでしょう。日本でいう左折になりますが、私たちにとっては驚きの交通ルールです。韓国で横断歩道を渡る場合には、信号が青だからと絶対油断せずに、必ず車の動きに注視して渡るようにしましょう。意外とグイグイ車が突っ込んできますので、十分な注意が必要ですよ。