年末年始のソウル旅行で気をつけること

今年も残りわずかとなりましたね。みなさんは、どんな年末年始を過ごされますか? せっかくの長期休暇ですから、海外旅行へおでかけになる方も多いと思います。寒い日本の冬から少しでも離れて、ハワイやグアムなどの暖かい国でのんびりと過ごしたいものですね。しかし、お仕事の都合などで、年末年始のお休みが短い方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方に人気なのが、やはり安くて近くて短期間の旅行が可能な「ソウル」です。ただし、ここで気をつけなければならないことがあります。それは…冬のソウルは、日本以上に寒いということです。年末年始のソウルを快適に過ごすためには、どんな服装で行けばいいのでしょうか?

どんな服装で行けばいい? ソウルで過ごす年末年始 どんな服装で行けばいい? ソウルで過ごす年末年始

気温が低いだけじゃない? 冬のソウルの盲点

まず、1月初旬のソウルは、ほとんどが零下を記録します。寒い時は、最低気温がマイナス10〜20℃は当たり前です。冬のソウルは、日本の冬の感覚で訪れると痛い目にあいます。一方で、ホテルやデパートなどの室内は、汗ばんでしまうほど暖房が効いています。実は、これが一番厄介なのです。寒さ対策のための厚着のはずが、室内ではびっしょり汗ばんでしまいます。外に出るとその汗が冷えてしまうため、風邪をひいてしまい、せっかくの旅行が台無しになってしまう人も少なくありません。室内で過ごすことの多い冬のソウルでは、単に厚着をすれば良いというものではないのです。

快適に過ごすためのオススメアイテム

年末年始のソウルを快適に過ごすアイテムとして、私がオススメするのは「ダウンジャケット」です。冬のソウルで最も注意すべきなのが“室内外の寒暖差”です。重ね着で防寒対策をすると、室内ですぐに脱ぐことができません。そのため、やはりどうしても汗ばんでしまいます。しかし、ダウンジャケットであれば、すぐに脱ぎ着が可能ですし、この一着で十分に防寒対策ができます。私は極寒の雪国山形で生まれ育ちましたが、ダウンジャケットの防寒対策が一番快適でした。厳しい冬のソウルを快適に観光するためにも、是非ダウンジャケットの着用を試してみて下さい。室内では脱ぐだけなので、きっと重宝しますよ。