韓国人はトレッキング好き

ソウルから来た大学生カップルにお世話になりっぱなしの初日、これからソクチョでホテルを探すと言う私を、彼らはなんと自分たちのアパートメントに泊めてくれたのでした。そして翌日、ソクチョの南に位置するソラクサン国立公園でトレッキングをするつもりだったのですが、登山口まで彼らが私を送ってくれたのは言うまでもありません(謝)。さて、あまり知られていませんが、山岳・丘陵地域が国土の7割を占める韓国では、トレッキングやハイキングが大変人気があります。登山道はしっかり整備されているし、花崗岩の岩陵が突き出た、日本の山とは異なる風景を手軽に楽しめます。

韓国東部の旅その2・ウルサンバイ・トレッキングと山菜ビビンバと温泉の旅 韓国東部の旅その2・ウルサンバイ・トレッキングと山菜ビビンバと温泉の旅

ソラクサン(雪岳山)国立公園でトレッキング

ソラクサン(雪岳山)は、日本では韓国焼酎のCMを思い出す人が多いと思います。ソラクサン国立公園内には数多くのトレッキングルートがありますが、今回私が目指したのはウルサンバイ(蔚山岩)という韓国最大の岩壁です。ごつごつした奇岩の集まった巨大な岩塊は、スペインのカタルーニャの聖山モンセラにも似ています。初級から上級まで様々なルートがありますが、一般観光客が登れるのは中央部の展望台までのルート。登り始めは楽ですが、最後の山頂までの20分ほどは岩壁に沿う非常に急な階段をひたすら登り続けることになり、とてもきつかったです。

ウルサンバイの山頂で見た光景

心臓破りの階段を上り、つい標高900mの頂上に到着しました。頂上から目の前に広がるソラクサンの風景はまさしく絶景!!呼吸が整うのを待てずに、山頂のあっちをウロウロこっちをウロウロ、ひとりで写真を撮りまくっていると、誰かしらが「写真を撮ってあげようか?」と声をかけてくれます。山頂はグループや家族連れなど多くの人たちでにぎわい、お昼時でみんなお弁当を広げていたのですが、その光景にびっくり!!タッパーの中はキムチ各種とプルコギのような焼き肉、それからバーナーでお湯を沸かして作っているのは真っ赤な激辛ラーメンでした(笑)。彼らの元気の源はやっぱりトウガラシなんですね。

麓の五色温泉で山菜ビビンバに感動!

トレッキングの後は、疲れを癒そうと麓の五色(オセク)温泉に向かいました。ここは韓国でも有数のリゾート地で、また五色薬水(オセンニャクス)という名水の地があることで有名です。薬水は岩盤からしみ出るように湧いていて、汲みに来た人たちが列を作っていました。オンドル部屋に温泉のお風呂のついた旅館に泊まり、夜は近所の食堂で山菜ビビンバを食べたのですが、ワラビやゼンマイなどがたっぷり載ったビビンバは素朴でとても美味しかったです。どうやら韓国では女性の一人旅は非常に珍しいようで、旅館でも食堂でもみんなに気遣ってもらい、都会ではなかなか感じられない、人の情けが身にしみた旅となりました。見どころが多くグルメも満足の韓国東部の旅、超おすすめです!!