大田(テジョン)旅行・大田(テジョン)観光徹底ガイド

大田(テジョン)旅行・大田(テジョン)観光徹底ガイド


大田(テジョン)旅行・観光の見どころ・観光情報

人口約153万人を有する韓国で5番目の都市。かつて「ハンバッ(大きな田んぼ)」と呼ばれたことから大田の名がついた。ソウルからKTXで約1時間、バスで約2時間と便利な場所にある。工業団地や科学技術系の研究所が多く、政府機関の一部がソウルから大田西北部に移転したことから、新市街も生まれている。市内中心部の観光地としては、儒城温泉がある。カリウム、カルシウムなどを含むラジウム泉で皮膚病に効果があるという。地下鉄で簡単に行けるので、夜の温泉街を楽しんでくるのもおすすめ。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


大田(テジョン)の旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
韓国語 KRW 約2.5時間 約0時間

大田(テジョン)旅行・観光の選び方

ソウルフリープランを利用して行こう。儒城温泉でのんびりするのがおすすめ!

市内中心部に見どころが少なく、ソウルにも近いので、大田を観光するツアーはほとんどない。なのでソウルフリープランのツアーでソウルに行き、大田まで足をのばすのが便利だ。大田駅前に近い中央市場や、ギャラリアデパートにかけての地区が繁華街になっている。中心部の観光の後は、儒城温泉に行くのがおすすめ。日本人がイメージするひなびた温泉街ではないが、多くの温泉ホテルが並んでいる。大田名物は、ドトリムッと呼ばれるどんぐりで作ったところてんのようなもの。これだけを注文するのは難しい料理なので、主食になるものと一緒に注文しよう。(2016年9月編集部調べ)


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


大田(テジョン)旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、大田(テジョン)観光情報が満載。
大田(テジョン)旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。