人気スイーツのエッグタルト、香港とマカオの違いって?

ふるっふる、熱々のカスタードクリームを包むさっくさくの生地。「あつっ!」と言いながらぱくっと食べると、卵の優しい甘さが口にじんわり広がります。香港やマカオで必ず食べたい人気のスイーツ、エッグタルトは、広東語では「蛋撻(ダンタッ)」と呼ばれます。蛋は卵のこと、撻はタルトに似た発音のあて字です。さてこのエッグタルト、香港とマカオでは少し違うのをご存じでしょうか。

香港・マカオ名物エッグタルトをどうぞ 香港・マカオ名物エッグタルトをどうぞ

パイ生地とクッキー生地がある香港のエッグタルト

香港のエッグタルトは、大きく分けて「パイ生地」と「クッキー生地」の2種類。中身はどちらも卵を使った黄色いプリンです。パイ生地はラードを使ったさくさく感が特徴で、飲茶や茶餐庁(チャーチャンテン/香港スタイルの喫茶店)などで見かけるのはこのタイプです。いっぽうのクッキー生地は、ベーカリーで多く見かけます。どちらも時間がたつとフィリングが生地となじんでふにゃっとなってしまうので、早めに食べましょう。有名なのが老舗の茶餐庁『檀島珈琲餅店』のパイ生地のエッグタルトで、甘さ控えめの小ぶりなタルトとミルクティーの組み合わせは、ローカル女子にも不動の人気を誇ります。

ボリュームたっぷり、濃厚なマカオのエッグタルト

マカオのエッグタルトは「葡式蛋撻」、つまりポルトガル(葡)スタイルのエッグタルトです。ポルトガルの植民地だったマカオには、数多くのポルトガル料理が伝えられましたが、タルトもそのひとつです。いちばんの特徴は、クリームにこんがりついた焼き目と、ちょっと大きめなボリューム感。卵の風味が濃厚でほどよい甘さ、土台はパイ生地でバターの風味が効いています。店頭で焼きたてを売るお店も多く見かけますが、いちばんの人気店は『LORD STOW’S BAKERY』です。卵と生クリームをたっぷりつかったリッチな味わいで、日本でも大阪・神戸・京都に「アンドリューのエッグタルト」の名で出店しています。エッグタルトをテイクアウトして、世界遺産にも指定されたマカオのポルトガル風の町並みを散策するのは格別な気分。ほかにもマカオには牛乳プリンやセラドゥーラ(アイスの上にビスケットがかかったポルトガル風スイーツ)など、独特のスイーツがたくさんあります。甘いもの好きな女子はおすすめです。