女子旅、どこへ行こうかと迷っていませんか?

今度の女子旅は「マカオ」でキマリ! なぜなら、マカオの旅は女子の大好物が揃っているからなのです。マカオの魅力を女子視点で分析し、4つのポイントを挙げてみました。あなたもきっと行きたくなりますよ!

女子旅におすすめの行き先〜マカオなら、女子の好物が揃っています!〜 女子旅におすすめの行き先〜マカオなら、女子の好物が揃っています!〜

「近い」ことはお肌の味方!

まず初めに、男子には共感しづらいかと思いますが、「近い」こと。国際線の飛行機に長く乗ると、必然的にお肌のお手入れにも気を使いますよね。搭乗前のいつどこでメイクを落とすか、また、降機後のいつどこでメイクをするか、もしくはそのままか。ちょっとしたことですが、女子同士の旅行であってもなかなか肌のお手入れのタイミングを見るのは難しかったりします。マカオなら、香港から1時間ほどの船の旅で到着しますし、本数は少ないですが日本から4〜5時間の直行便も出ています。

ユニークな街並みは旅心をつかみます

次に、マカオ観光の謳い文句でもある「ヨーロッパのよう街並み」。100年以上にわたるポルトガル統治の歴史が、この土地を小さなポルトガルに変えました。歴史地区にある石畳やパステルカラーの西洋建築は、開放的な南欧そのものです。また、そんな街並みとすぐ隣り合って、いかにも中華風のムードが色濃く感じられる街角もあり、その入り組み方はマカオならではの独特な景観となっています。ロマンティックも好きだけどアジアの混沌も楽しそう! 好奇心旺盛な女子の旅心をくすぐるのです。

女子ならもちろんグルメも満足したい!

女子は「食」にも飽くなき探究心がありますよね。素朴なポルトガル料理を植民地風に進化させた「マカオ料理」は、日本ではめったにお目にかかれません。ワインにぴったり合う、スパイスの効いた大皿マカオ料理は、ぜひ何人かで取り分けながらトライしてみてください。そして女子ならやっぱり食後のデザートも。エッグタルトやセラドゥーラ(生クリームやコンデンスミルクを使ったお菓子)など、おしゃれなフランス菓子とはまたちがった、質実剛健でシンプルなお菓子を堪能しましょう。私のおすすめは牛乳プリン! そっけない見た目に滋味豊かな味わいが大好きなんです。

どんな旅をしたいか? あらゆる要望に応えます

最後に、旅にいろんな楽しみ方を求めたい欲張りな女子にぴったりな、「楽しみの選択肢の豊富さ」。東洋と西洋の歴史を紐解きたい人は充実した展示の博物館へ、東西の混じり合った不思議な街並みを肌で感じたい人は散策へ(徒歩圏に世界遺産が詰まっています)、そしてせっかくの海外旅行、派手にパーッといこう! という人は大型高級ホテルでカジノやホテルスパ、リゾートムードのプールへ。近くてこんなに小さな土地で、これほどの変化に富んだ魅力を備えた旅先って、なかなか見つかりませんよね。女子旅にぴったりなマカオへ、行ってらっしゃい!