どうせなら日本では見たことのないフルーツを食べてみたい!

南国へ旅行に行くときの大きな楽しみの一つとして、輸入物ではない、とれたての南国フルーツを味わうことが挙げられますね。しかし、実際に現地で食べてみると、舌がとろけるようにおいしいものもあれば、日本人の口に合うように品種改良がされていないため、やや素朴すぎる風味のものもあったりします。さらには、露天商や現地スーパーでは、見たことのない一見奇怪な形のフルーツも売られていたりして、興味と探求には終わりがありません。今回は、私がボルネオ島で初めて出会ったふたつのフルーツをご紹介します。

ボルネオ島の特産フルーツを試してみました ボルネオ島の特産フルーツを試してみました

かすかなほろ苦さがポイントの、ドリアンダリ(ドリアンカンポン)

一つは、「ドリアンダリ」、別名「ドリアンカンポン」というもの。カンポンとはマレー語で「集落/村」を意味し、この場合「田舎のドリアン」といったニュアンスです。通常のドリアンよりも小型で、皮はとげにびっしりと覆われています。これはドリアンの原種だそうで、独特のにおいもクセも少ないため、南国フルーツ初心者にも食べやすいでしょう。外の皮を割ると、濃いオレンジ色の果肉がたっぷりと詰まっています。味はねっとりと舌に絡み付くように甘く、それでいてなぜかクッキーのような、香ばしい香りがわずかに残ります。甘みが強いのにほろ苦さ(焦げたような風味)があるのは、パパイヤやマンゴーにも共通する、南国フルーツの特徴の一つかもしれません。だから、苦味に対して敏感な小さい子供は、南国フルーツが苦手ということが多いようです。

タラップは、さわやかな甘みがポイント

一方、もう一つ試してみた「タラップ」というフルーツもボルネオ島特産で、日本ではまず食べるチャンスがありません。外見はドリアンダリよりもさらに細かい、緑色のとげに覆われていて、大きなたわしのように見えます。そのたわし風の皮の色が、少し茶色っぽく痛んでいるようになったものが、熟していて甘いのです。中にはピンポン球くらいの大きさの白い果肉がびっしり並んでいます。それぞれの果肉には大きな種が入っているため、食べられる部分は意外に少ないのです。「こんな大きな実、食べきれるかな?」と初めは不安になりますが、一人でぺろりと平らげてしまいます。ドリアンダリに比べ、もっとジューシーで誰にでも食べやすいさわやかな甘みです。

ボルネオ島だけでも種類の多さを誇る南国フルーツ

今回は二つのボルネオ島特産フルーツをご紹介しましたが、まだまだいろいろなおいしいフルーツがあります。フルーツがおいしくなるのは、なんといっても雨季なので、いわゆる“旅行シーズン”とはいえないかもしれません。しかし「南国フルーツを食べ尽くす!」という一点だけでも、立派に旅の動機になり得ます。珍しくておいしくて、お店の人たちとの交渉も楽しめるのが、南国フルーツの魅力なのです。