さん(する)

掲載日:2016/09/03

「ラマダンのマレーシアが楽しい」のは本当だった!断食月にしかできない体験4つ

イスラム教徒にとって1年で最も大切な時、ラマダン。つい先月、7月6日にラマダン明け祭り『ハリラヤ・プアサ』を迎えたマレーシアは、今年のラマダンが終わったばかり!ラマダンは、イスラム教徒が貧しい人に共感するため、1ヶ月間断食をする聖なる月です。でも、それだけではありません。ラマダン月のマレーシアでは、マレーダンス・ショーが開催され、町中がランタンなど美しいデコレーションで彩られ、ラマダンセールも実施される特別な時。では、 具体的にどんな感じなのでしょうか?下記に4つご紹介します!

カテゴリ:イベント エリア:アジア  マレーシア  クアラルンプール キーワード: おいしい 珍しい 祭り 季節 セール ショッピングモール マーケット

ABガイド:舞スーリ

舞スーリ
シンガポール在住のライター、ドバイプレスクラブ会員。文化・美容・ビジネスを軸に複数媒体に寄稿中。30都市を旅し、マレーシア・ドバイ等海外在住5カ国目。名取の琴、着物を通じ幼少より異文化交流を重ね、大手自動車会社の日本・海外勤務を経てライターに。深い異文化理解と、シンガポール在住2度目のネットワーク力を生かして、新たなシンガポールが発見できる情報をお届け!

カラフルでかわいい!ラマダン・マーケット

カラフルでかわいい!ラマダン・マーケット

ラマダン期間中、あらゆる場所で『ラマダン・マーケット』が開催されます。『Avenue K(アヴェニュー・ケイ)』のラマダン・マーケットは、スーク(アラブの市場)のように店同士がひしめきあい、ワクワク感たっぷり。カラフルなマレー民族衣装を始め、伝統工芸品である木の彫刻などの小物が並び、カラフル!見ているだけで楽しいし、民族衣装の中には、リゾートビーチで使えそうなロングドレスも。期間限定で出店するスモール・ビジネスオーナーのストアもあり、珍しい物が見つかるかも!

どこか懐かしい「マレーダンス&音楽ショー」

どこか懐かしい「マレーダンス&音楽ショー」

マレーダンスにマレー音楽、どんな風か想像できますか?実は、マレー音楽は、初めて聴く人でも“なぜか懐かしい感じがする音色”なんですよ!ラマダン期間は、伝統文化に回帰するヘリテージ月間でもあるため、マレーダンスや音楽といった文化的イベントが、多く開催されます。『Avenue K(アヴェニュー・ケイ)』でも1ヶ月間、日替わりでマレー音楽の演奏ダンスのショーがラマダン・マーケットの横で開催され、賑わっていました。特に男性だけのグループで踊るダンスは、振り付けがキュートで目が離せません!

50%オフは普通!ラマダンセール

50%オフは普通!ラマダンセール

ラマダン期間中、ショッピングモールではセールが開催されます。ロンドン発ファッションブランド『TED BAKER(テッド・ベイカー)』では、2つ商品を購入するとバウチャーがもらえるプロモが。高品質な生活衣料雑貨が人気のUK発『Marks & Spencer(マークス・アンド・スペンサー)』。ここでは洋服が50%オフで、購入後フード10%オフのバウチャーがもらえました。ビーチサンダルが人気の日本未上陸ブランド『Jelly Bunny(ジェリー・バニー)』は、最大70%オフ。お得に買い物をするチャンス!

断食しなくても食べたいラマダン・ミール

断食しなくても食べたいラマダン・ミール

「断食をする人は、何も食べないの?」いいえ、実は違います!日没とともに『Buka Puasa(ブカ・プアサ)』というディナーを頂きます。胃の負担を減らすため、デーツを口に含み食事をスタート。そのため、スーパーではデーツなど沢山のスイーツが詰まったギフトセットが並び華やか!また、多くのレストランでラマダン・ビュッフェも楽しめます。料金は1人80リンギット(約2,116円)以下が多く、ホテルだと例えば『レ・メリディアンクアラルンプール』が175リンギット(約4,434円)。断食しなくても、試したい!

取材協力<ラマダン・マーケット及びマレーダンス&音楽ショー>

Avenue K
http://www.avenuek.com.my/
KLCC駅の真上、ペトロナスツインタワー正面にある立地抜群のショッピングモール。お洒落なアーバン・スタイルがコンセプト。60を超えるレストランを誇り、ルーフトップでのDJイベントなどエンターテイメントに力を入れている。

営業時間:10am〜10pm
住所 :156 Jalan Ampang 50450 Kuala Lumpur

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/09/03)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索