page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

イポーグルメガイド

イポーのグルメ・伝統料理

イポーの名を世界に知らしめているのは「ホワイト・コーヒー」だろう。「イポー・ホワイト・コーヒー」とは、イポー発祥のコーヒー飲料だ。これはコーヒー豆をマーガリンかパーム油を加えて焙煎し、淹れる時は加糖練乳を加えるのが特徴の、白っぽい色合いのコーヒー。インスタントもあるが、本場イポーではぜひ喫茶店で味わってみよう。また中国系住民の多いイポーではおいしい中華料理が食べられる。フードコートや屋台が多くあるので、食事にはまったく困らない。伝統料理の名店なら、広東料理の「オーバーシー」がおすすめだ。(2015年編集部調べ)


イポーのレストラン・屋台

イポーには安くて美味しいお店が多い。屋台は町の中央を流れるキンタ川のそば、もしくはラジャ・エクラム通り付近にいくつもある。マレー料理や中華料理のフードコートも、鉄道駅から東へ進んでいくと点在している。イポーの名物料理といえば「タウゲ・アヤム」。蒸した鶏肉ともやしの炒め物で、ジャラン・ダト・タハウィル・アザル通りにある「Lou Wong Beansprout Chicken」がこの料理で人気のレストランだ。名物のホワイト・コーヒーの店は多いが、一番人気はその名も「ホワイトコーヒー(南香白珈琲)」という店。地元の人でいつもにぎわっている。

イポーの水・お酒

緑に囲まれたイポーはきれいな水源にも恵まれていることが自慢だが、旅行者は用心のため、水道の水は避けた方がよい。ミネラルウォーターはスーパーやコンビニで買える。お酒は、暑い国なのでビールが人気だ。イスラム教の国だが、他のイスラム諸国に比べて飲酒にはかなり寛容。マレーシア国産ビール「アンカービール」を試してみよう。他にはシンガポール産「タイガー」やアイルランド産「ギネス」などもフードコートで人気がある。


現地ガイド発!イポーのグルメ・料理最新情報

2016/11/02 グルメ

マレーシアの食の殿堂、イポーは何がうまいのか?

イポー旅行イメージ-マレーシアの食の殿堂、イポーは何がうまいのか? マレーシアの食の殿堂、イポーは何がうまいのか?

マレーシア北部に位置する第3の都市、イポーは、首都クアラルンプールから、バスや鉄道で約3時間のところにあります。世界遺産の観光地ペナンからも同様に3時間。クアラルンプールとペナンの行き帰りに、小休止がてら立ち寄ってみたくなる位置ですね。この町は19世紀半ばに錫鉱山が開発されてから、一時は世界最大の錫の産出量を誇るまでになりました。その間、働き手として、中国南部や英領インドから人が集められたのです。イポーの鉄道駅は、ムーア風、コロニアル風の建築様式を取り入れたもので、瀟洒な造りとなっており、錫産業が盛んだった往時を忍ばせます。2011年公開の某映画のロケ地にもなりました。ただ、そんな程度で、この…続きを見る


イポーのグルメ・料理ガイド記事

イポーの記事一覧を見る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


イポーグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるイポーの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
イポーのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!