コタバル旅行・コタバル観光徹底ガイド

コタバル旅行・コタバル観光徹底ガイド


コタバル旅行・観光の見どころ・観光情報

コタバルは、マレー半島東海岸の北に位置するクランタン州の州都だ。クランタン州は人口の96%をマレー人が占め、イスラム色が強い保守的な土地柄。ワヤン・クリとよばれる影絵芝居や、ろうけつ染めのバティックなど伝統的なものが保持されていることから「マレー文化のゆりかご」ともよばれる。町自体は小さく、1時間も歩けば大体雰囲気がわかるだろう。中央市場、夜市が人気の観光名所だが、コタバルのおすすめは、町から歩いて行ける海だ。マレー半島東部は海の透明度が高いことで知られている。白砂の海岸と、美しい水中世界を堪能したい。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


コタバルの旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
マレー語、中国語、タミル語、英語 MYR 約8.5時間 約-1時間

コタバル旅行・観光の選び方

東海岸の島々への玄関口で、美しい海を満喫

パッケージツアーはツアー期間が6日間ほどの日程が多く、コタバルは東海岸の島々への玄関口として訪れる。近郊にはパンタイ・チンタ・ブラヒ、パンタイ・イラマ(「パンタイ」はマレー語で海岸の意味)など美しい海岸が多い。車で20分ほどのパンタイ・ダサール・サバは、太平洋戦争の際の旧日本軍上陸地点。11〜2月の雨季には海が荒れるので注意したい。クランタン州ではムスリムの集合礼拝がある金曜日は休日で、官公庁や公立の施設は日曜日から木曜日が勤務日になっているイスラム色が強い土地なので、露出の多い服装は歓迎されず、外国人であっても取り締まりの対象になる可能性がある。(2016年9月編集部調べ)


コタバル観光のこだわりポイント

思い立ったら申し込みカード決済
気になるツアーがあったら、満席になる前に申し込みたい。そんな時、カード決済なら即申し込み可能。キャッシュレスで心配なし。
朝の時間を有意義に全朝食付
朝起きて、ツアーに出るまでの時間は貴重。そんな時、朝食付きだと無駄な時間を過ごさなくてすむ。
船で島へ渡ろう大自然
東海岸沿いのビーチや、クアラ・トレンガヌ沖のペルヘンティアン島などの南シナ海の島々へ足をのばそう。

コタバル人気の旅行


最安料金万円

合算 7.18万円7.28万円
旅行代金: 7.187.28万円
燃油:旅行代金に含まれています
6日間
東京発

コタバル ツアー

マレーシア東岸最北端の町コタ・バル☆<タイとの国境に近い素朴な町に滞在>☆クアラルンプールにも1泊 【燃油込】

ホテル:チューン・ホテル・コタ・バル・シティ・セ…
航空会社:マレーシア航空 指定

日程表を見る

◎マレーシア東海岸最北の素朴な町コタ・バルへ◎国境の小さな町ランタウ・パンジャンにも近いので、タイのスンガイ・コロクへ徒歩で国境越え体験も可能です。(各自にて)◎最終日はクアラルンプールに1泊、送…

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


コタバル旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、コタバル観光情報が満載。
コタバル旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。