クアラルンプールグルメ・料理ガイド

クアラルンプールグルメガイド

クアラルンプールのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

マレーシアの首都あり、日本料理をはじめ世界中の各国料理の食事ができるグルメシティだが、せっかくなのでここではマレーシアという国を構成する3民族の料理であるマレー料理、インド料理、中国料理を味わってみたい。ナシ・ゴレン(焼き飯)やサテー(甘いピーナッツソースに付けて食べる焼き鳥)は、屋台から高級レストランまでのメニューに載るマレー料理の定番だ。ほかにポピュラーな料理としては、インド料理ではココナッツミルクを使ったカレー、中国(福建)料理のホッケン・ミーなどがある。(2015年編集部調べ)


クアラルンプールのレストラン・屋台

高級ホテルの高級レストランもいいが、もっと気軽に現地料理が食べたいなら、町なかの中級レストランや、屋台がおすすめだ。ブキッ・ビンタン通りの1本裏を平行して走るアロー通りは、日が暮れるとずらりと中華の屋台が並ぶ。またチャイナタウンのプタリン通りも夜市が立つ。こちらはショップの露店も多いが、周囲にはやはり食べ物屋台や大衆食堂が多いエリアで、料理は中華系が多い。屋台は入りにくいという人には、エアコンが効いたショッピングモールのフードコートでも屋台料理が食べられ、そちらもおすすめだ。

クアラルンプールの水・お酒

生水は避け、ペットボトル入りのミネラルウォーターを買って飲もう。コンビニや売店で、水や炭酸飲料は気軽に買える。レストランや食堂でポピュラーな飲み物は、テ(紅茶)とコピ(コーヒー)。ミルクは「スス」といい、主に練乳が使われている。お酒は違法ではないが、主民族のひとつマレー系の人たちはイスラム教という宗教上の理由から、アルコール類は飲まない。外国人や中国系などの異教徒は問題ないが、レストランによってはお酒を置いていない。どうしても飲みたかったら、外国人向け、あるいは中華料理店に行こう。そうした事情からお酒の値段も日本並みだ。


現地ガイド発!クアラルンプールのグルメ・料理最新情報

2016/11/10 グルメ

食べ歩き目的の海外旅行 おすすめは中華料理がおいしいマレーシア(その1)

クアラルンプール旅行イメージ-食べ歩き目的の海外旅行 おすすめは中華料理がおいしいマレーシア(その1) 食べ歩き目的の海外旅行 おすすめは中華料理がおいしいマレーシア(その1)

このところ日本人旅行者が増えているマレーシア。低価格航空会社(LCC)の就航で航空券が安くなったことに加えて、恵まれた自然がアウトドア派から注目されるようになってきたこともあるようです。もうひとつ、マレーシアをめざす旅行者たちが楽しみにしているのは、食べ歩き。わたしの周りにも、ここ数年にマレーシアに出かけた人が何人かいますが、うちひとりはマレーシアの料理を味わうのと、自分でマレーシア料理を作るためのスパイスや調味料を買うのが旅の目的だったとか。もうひとりの友人は、チキンライス(ゆで鶏をのせたごはん)やラクサ(ココナッツミルク味のカレースープ麺)の食べ歩きを計画中です。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


クアラルンプールグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるクアラルンプールの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
クアラルンプールのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!