page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
マレーシア・クアラルンプール・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

限られた人しか登れない!マレーシアのツインタワーからの大展望


掲載日:2007/11/01 テーマ:観光地・名所 行き先: マレーシア / クアラルンプール

タグ: すごい! 公園


マレーシアと言ったらこれ!世界一高かったツインタワー

日本の建築会社が左のタワー1、韓国が右のタワー2を、それぞれ建設。残念ながら、高さでは世界一の座を譲り渡しましたが、二本のビルが対になっているツインタワーとしては依然として世界一の高さ! 日本の建築会社が左のタワー1、韓国が右のタワー2を、それぞれ建設。残念ながら、高さでは世界一の座を譲り渡しましたが、二本のビルが対になっているツインタワーとしては依然として世界一の高さ!

マレーシアのシンボル的存在で、クアラルンプールの中心部にそびえたつ「ペトロナスツインタワー」。1998年に完工したこのツインタワーは、当時としては世界一高い452メートル、89階建てのビルです。下から見上げると、ギラギラと照りつける太陽の光を浴び、その存在感に圧倒されます。
またタワー天辺にある尖塔はイスラム様式で、マレーシアのモスクに似せて作られています。近代的な建物に見えますが、宗教色を取り入れた、マレーシアを代表する建物です。
ツインタワーにはオフィスビル、劇場、またSURIA KLCCという巨大ショッピングセンター、公園が併設され、マレーシアっこの憩いの場所となっています。

売り切れ必死!スカイブリッジからの大パノラマ

スカイブリッジの長さは58.4m。下を見ると、足がすくんでしまうほど スカイブリッジの長さは58.4m。下を見ると、足がすくんでしまうほど

ペトロナスツインタワーの一番の見所は「スカイブリッジ」。2つのツインタワーは、地上170メートル、41階の高さでブリッジで連結されており、見学することができます。しかも見学料は無料!
ただし、誰でも行けば、見学できるというわけではなく、毎朝(月曜日を除く)8時30分から、当日の見学時間が指定された整理券を配布するというシステム。1日で入場できる人数は、800人までと限定されています。
とても人気のチケットなので、お昼過ぎには売り切れてしまうことも。当日は早起きしてお出かけしてみよう!

展望開始まで、時間があるときは、KLCC公園で一休み

マレーシアのデートスポットで有名なKLCC公園の噴水ライトアップ。その幻想的な姿に言葉はいりません マレーシアのデートスポットで有名なKLCC公園の噴水ライトアップ。その幻想的な姿に言葉はいりません

展望開始まで時間がある!という方にお勧めなのが、ツインタワー横に併設されているKLCC公園。ここは一休みするにはもってこいの場所なのです!
公園前には、スターバックスを始めとするカフェが並び、爽やかな風を浴びながら、一息つくことができます。また公園内には遊歩道も設けられており、色とりどりの南国の花を見ながら、のんびりと公園内を散策することもできます。
もし日が暮れてから、時間のある方は、公園中央の噴水ライトアップがオススメ。ライトアップされたツインタワーの眺めとともにロマンチックな気分を盛り上げてくれること、間違いなし!

「森の中の近代都市」の展望をご覧あれ!

スカイブリッジに滞在できる時間は、15分。1回の見学のグループの人数は15人と少数なので、写真の場所取りに時間を取られることもありません スカイブリッジに滞在できる時間は、15分。1回の見学のグループの人数は15人と少数なので、写真の場所取りに時間を取られることもありません

整理券を入手したら、あとは整理券に記載された時間にカウンターへ行くと、案内係りが誘導してくれます。まずツインタワーの上映ビデオを見て、その後はセキュリティチェック。そしていよいよスカイブリッジ専用の高速エレベータで一気に、41階にあるスカイブリッジまで上がります。
高さ170メートルからの展望は、格別の見晴らし。あちこちで感嘆の声があがるほど!クアラルンプール中心部はもちろんの事、港町のクランまで見渡すことができます。高層ビルの建設ラッシュのマレーシアですが、こうして上から街並みを覗いても、緑は残しての、都市計画をかいま見ることができます。
誰でも気軽に登れるわけでない「スカイブリッジ」。だからこそ余計に体験してみる価値があります!マレーシアに来たならば、外せない観光スポットですよ。

【関連情報】

頂上からの眺め。緑に囲まれた、クアラルンプールの街並み。見ているだけで、活気を感じることができます 頂上からの眺め。緑に囲まれた、クアラルンプールの街並み。見ているだけで、活気を感じることができます

■ペトロナスツインタワー
行き方:プトラLRT,「KLCC」駅下車、徒歩5分

■スカイブリッジ
チケットカウンター営業時間:8:30-17:00
定休日:月曜日
料金:無料
※スカイブリッジ展望は9時半から

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索