page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
マレーシア・クアラルンプール・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

マレーシアのセントラルマーケットで、「もらった人に喜ばれるお土産」探し


あれも欲しい、これも欲しい!一歩中に入れば、そこには魅惑がいっぱい

かつては生鮮市場として肉や野菜が売られていた市場をリメイクしたセントラルマーケット。目立つ外観なので、すぐに見つけられます かつては生鮮市場として肉や野菜が売られていた市場をリメイクしたセントラルマーケット。目立つ外観なので、すぐに見つけられます

旅行に出て大変なのが、「お土産探し」。どこの国でも売っている定番のチョコレートやクッキーは味気ない、マレーシアらしいお土産を見つけたい!という方にぴったりなのが、セントラルマーケット。ここは大きな建物まるごと、お土産屋さんなのです。マレーシアの伝統的なバティック(布製品)、アクセサリー、雑貨、ピューター製品などの民芸品、工芸品等のすべてのマレーシア土産が揃っており、効率よく、またデパートや空港に比べて安いので、お買い得です。マレーシアのものばかりでなく、タイ、インドネシアなどのアジア雑貨も並んでいますので、ぶらぶら見て回るだけでも時間の経つのを忘れてしまいます。

値段交渉はあなたの腕次第!?

しつこい物売りはおらず、のんびりとお買い物が楽しめます。広い建物ですが、冷房が効いているので、はおる物を持ってお出かけすることをオススメ しつこい物売りはおらず、のんびりとお買い物が楽しめます。広い建物ですが、冷房が効いているので、はおる物を持ってお出かけすることをオススメ

パステルカラーの外観が目を引く、セントラルマーケット。1928年に建てられ、建築デザイン賞も受賞したことのある、アールデコ調のショッピングセンターです。中は3つのストリートがあり、マレー、インド、チャイニーズとそれぞれのテーマでお店が所狭しと配置されています。全てを見て回るには、最低でも半日の時間が必要です。
買いたいものが見つかったら、思い切って値段交渉をしてみましょう。
英語が話せなくても大丈夫。この一言、「ディスカウント プリーズ」だけで十分。値切り交渉をしながら、ローカルの人たちとコミュニケーションをとるのも楽しみの一つです。

ニョニャ料理ってどんな料理?

チキンナシゴレン(焼き飯)12.8RM(540円) チャーハンの下にはバナナの葉がひかれ、マレーシアらしい一品。スパイスが効いたチキンはチャーハンに合い、とても美味しいです チキンナシゴレン(焼き飯)12.8RM(540円) チャーハンの下にはバナナの葉がひかれ、マレーシアらしい一品。スパイスが効いたチキンはチャーハンに合い、とても美味しいです

ちょっとお腹が空いたなと思ったら、マーケット内、2階にあるニョニャ料理の「Precious Old China」 で一息ついてみては?
ニョニャ料理とは中国とマレーシアの料理が融合されたもの。中華料理をベースにぴりっとマレーシアのスパイスが効いた料理です。またold chinaの名前の通り、店内は戦前の中国系の建物をそのまま生かした、レトロな雰囲気。昔の写真や書物がかけられ、とても趣きある店内です。買い物途中のひと休みには、ぴったりなレストランです。

マレーシアの人気土産をご紹介

個性溢れるオリジナデザインのバティック。またマーケット内には似顔絵を書いてくれるお店も多い。に大切な人と一緒の似顔絵、旅の記念にいかが!? 個性溢れるオリジナデザインのバティック。またマーケット内には似顔絵を書いてくれるお店も多い。に大切な人と一緒の似顔絵、旅の記念にいかが!?

まずマレーシアの伝統的ろうけつ染め、バティック製品。色鮮やかなで見ていて飽きないデザインです。テーブルクロスやスカート用に生地だけを買うのも良し、巾着袋やお財布も人気です。
続いては、アジアンテイストなランチョンマットやコースター、箸おき等のダイニング用品。もらう人にとって、いくつあっても困らないので、とても喜ばれます。
自分が気に入ったものなら、相手の方も喜んでくれるはず!もらった人が喜んでくれる顔をイメージしながら、お土産探しをセントラルマーケットで楽しみましょう。

【関連情報】

■セントラルマーケット
住所:JALAN HANG KASTURI, KUALA LUMPUR, MALAYSIA
TEL:03-2274 6542 
行き方:LRTのPaser Seni駅下車目の前 
    もしくは中心部のブキビンタンからタクシーで10分
■Precious Old China(ニョニャ料理)
場所:セントラルマーケット内、フードコート横
Tel : 03 - 2273 7372

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索