page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
マレーシア・クアラルンプール・ビューティーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

魚に足を食べられる!?マレーシアのフィッシュスパでおもしろ不思議体験


掲載日:2008/01/09 テーマ:ビューティー 行き先: マレーシア / クアラルンプール

タグ: スパ 珍しい


かわいい魚達に癒されるフィッシュスパ、マレーシア初登場です

足を入れた瞬間に魚が寄ってきます。最初はくすぐったいけど、その後は低周波電流が流れているような心地良いマッサージ。ついつい時間を忘れてしまいます 足を入れた瞬間に魚が寄ってきます。最初はくすぐったいけど、その後は低周波電流が流れているような心地良いマッサージ。ついつい時間を忘れてしまいます

クアラルンプールの中心、ブキビンタンエリアにある「Pavillion」というショッピングセンター。この中に先月、マレーシア初登場のフィッシュスパがオープンしました。これがローカルを始めとして、大変な話題を呼んでいます。
フィッシュスパとはトルコで始まった魚によるマッサージ。ドクターフィッシュと呼ばれる魚が、なんと足の角質を食べてくれるという、なんとも摩訶不思議なスパなのです。「買い物が終わってマッサージしたいな」「お腹いっぱいでお茶も入らないけど、座って休みたい」そんな時にふらりと寄れるお店です。

うぁ〜本当に食べられてる〜!!!

ショッピングセンターの一角にあるので、ふらりと寄ることができます。週末はかなり混み合うので、平日がおススメ ショッピングセンターの一角にあるので、ふらりと寄ることができます。週末はかなり混み合うので、平日がおススメ

システムは至って簡単。受け付けを済ませて足を洗い、後は空いた席に腰をかけ、水槽に膝下をつけるだけ。
足を入れた瞬間に沢山の魚達が群がって来て、口をパクパクしながら、吸い付いて、皮膚の古い角質を食べ始めます。ツンツンと足の指の間にも入ってきて、最初は「くすぐったい〜」と悲鳴をあげてしまうのですが、1分間我慢すれば大丈夫。だんだんと心地良い刺激に代わり、ピリピリと電流が流れているような……今までに経験したことのないような不思議な感覚なのです。

摩訶不思議な魚の正体は!?

クリクリした目がカワイイ魚達。古い角質がある人ほど魚達が寄ってきます クリクリした目がカワイイ魚達。古い角質がある人ほど魚達が寄ってきます

めだか程の大きさの、ドクターフィッシュ。正式には「ガラ・ルファ」と呼ばれ、トルコ産の小さな魚です。温泉に棲息し、人間の角質をついばんで食べるという、なんとも餌代のかからないお利口かつエコロジーなお魚なのです。特にアトピー治療に役立つことで知られているようで、魚のお医者さんとも言われているようです。
魚達が甲斐甲斐しく足の角質を食べてくれる姿は、とても愛らしいです。自分の体の一部を食べて大きくなってくれるなんて、感激。魚を見ているだけでもなんだかほっと心が癒されますよ。

かかとツルツル、これでサンダルを履いても怖くない!

読書をしながら、寝転びながら、おしゃべりしながら…大きな窓があって外の景色も楽しめる、癒される空間です 読書をしながら、寝転びながら、おしゃべりしながら…大きな窓があって外の景色も楽しめる、癒される空間です

フィッシュスパは30分のコース。終わったあとは、もちろん足の裏がつるつるに!魚に食べられた〜と実感することができます。また血行の流れも良くなるようで、終わった後は足のむくみもとれました
フィッシュスパ以外にもマッサージをすることができ、足だけでなく、全身の疲れをとることもできます。
綺麗な店内でぶらりと気軽に寄れるお店、ぜひマレーシアの旅の思い出に試してはいかがでしょうか!?

【関連情報】

■KENKO Foot Reflexology&Spa-
住所:Lot5.01.09,Level5,Pavillion Kuala Lumpur
電話番号:03-2141 6651
HP:http://www.kenko.com.sg/home.html
料金:フィッシュスパ 30分-38RM
   足マッサージ 30分-46RM、60分-88RM
   頭マッサージ 30分-56RM
   肩マッサージ 20分-36RM、30分-56RM

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索