page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
マレーシア・クアラルンプール・動物の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ジャングルの中、象に乗って川遊び。動物園では味わえない体験をマレーシアで!


掲載日:2008/01/18 テーマ:動物 行き先: マレーシア / クアラルンプール

タグ: かわいい 動物


こんな間近に象さんが…クルクルお目々が愛らしい!

バッシャーンと大きな水しぶきをあげての水遊び。常夏の太陽がギラギラした気候の中での水遊びは本当に気持ち良さそう。着替えを持ってお出かけしよう バッシャーンと大きな水しぶきをあげての水遊び。常夏の太陽がギラギラした気候の中での水遊びは本当に気持ち良さそう。着替えを持ってお出かけしよう

クアラルンプールから車で2時間のところにある、クアラガンダ象保護センター。このセンターの目的は伐採や事故などで親とはぐれてしまった象を保護し、自然に戻す運動をしています。
エレファントサンクチュアリとして親しまれているこの保護センターでは、象との触れ合いを通し、象の事を知ってもらう為に、餌付け、川遊び、象乗りを体験することができます。象を間近に見ることができ、また大自然の中で鞍なしの象に乗ることができるなんて、世界でも数少ない施設です。日帰りで遊びにいけるエリアなので、ぜひ旅行の日程に組み込んでみてはいかがでしょうか!?

人生1度は象に乗ってみたいもの!

2階位の高さのやぐらのような台に上って、順番にやって来る象に乗っていきます。実際に乗ってみると、思ったより高い〜。最高の景色が味わえますよ! 2階位の高さのやぐらのような台に上って、順番にやって来る象に乗っていきます。実際に乗ってみると、思ったより高い〜。最高の景色が味わえますよ!

受け付けをすませ、まずは30分間のビデオ鑑賞。保護された象がどうやって自然に帰っていくのかを見ることができます。言語は英語しかありませんが、映像が主なので、ストーリは理解することができます。
続いて、待ちにまった、象とのふれあい体験。象の高い背中からの眺めは見晴らし最高!鞍をつけていない象の背中はかなり揺れるのですが、これがまた迫力満点! 象と直接、肌を合わせることで、より象に対して愛情が湧きます。

このセンター一番人気!水着に着替えて象と一緒に川遊び

象の肌ってこんなにごつごつしているの?どの象もみんなおとなしいので、近づいても怖くありません 象の肌ってこんなにごつごつしているの?どの象もみんなおとなしいので、近づいても怖くありません

そしてこのセンターの一番の人気のアクティビティが、象と一緒に川遊び。まずは飼育員に体を洗ってもらい、その後は頭から水の中にもぐったり、水吹きをしたり…じゃれながら遊んでいる様子を見学します。
そして希望者はここで象にまたがって一緒に川遊び。象の背中に乗って、川に入り、ジャブーン。ハラハラとスリルは満点。子供だけではなく大人までもが、自然をたっぷり満喫しながら、童心に返って楽しめます。

原因は私達人間が行っている森林開発…象が快適に暮らせる環境を!

常時15頭前後の象が保護されています。象に直接えさをあげることができるので、バナナ、りんごを持参しましょう 常時15頭前後の象が保護されています。象に直接えさをあげることができるので、バナナ、りんごを持参しましょう

ジャングルで知られるマレーシアですが、近年の森林開発により、野生の象が住む場所を追われ、人里に下りてきて作物を荒らすようになりました。そこで政府が取り組んだのが、象を保護して安全な国立公園に返すこのプログラム。
観光地のような整備された施設ではないのですが、政府の地道な活動を垣間見ることができます。
象がさらに好きになり、象にとって今まで通りの快適な生活を送ってほしい!
そんな思いになる施設です。ぜひお出かけして下さい。

【関連情報】

■Kuala Gandah Elephant Centre(クアラ・ガンダ・エレファント・センター)
HP:http://www.endemicguides.com/Kuala_Gandah.html

■日本語バスツアー
エレファントサンクチュアリとB級グルメ紀行
大人 300RM(約9975円) 子供 150RM
HP:http://www.wendytour.com/malaysia/sightseeing/view.asp?ID=890

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索