page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
マレーシア・クアラルンプール・動物の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

お子様連れの旅行にはココ!マレーシアのバードパークには放し飼いの鳥達がいっぱい


掲載日:2008/06/17 テーマ:動物 行き先: マレーシア / クアラルンプール

タグ: かわいい 公園 子供にオススメ 動物


間近で見れて、触れ合うこともできる!夢中になって遊べる場所

マレーシアのバードパークには放し飼いにされた鳥達がいっぱい。運が良ければ孔雀の求愛ダンスもみることができます マレーシアのバードパークには放し飼いにされた鳥達がいっぱい。運が良ければ孔雀の求愛ダンスもみることができます

小さなお子様連れの旅行は、ホテルのレストランは入りづらいし、人混みは歩きづらいし……と何かと行動が制限されてしまうもの。そこで、オススメなのが、市内中心部から車で10分の距離にあるバードパーク。ここの売りは、園内が大きなネットで囲まれており、その中で鳥達が放し飼いにされていること。熱帯にいる色鮮やかな鳥達がすぐ目の前で見れることから、子供に大人気のスポットです。行き先に困っているあなた、ぜひマレーシア滞在の一日は子供達のために時間を作ってあげてみては!?

こんなにも鳥に近づけるの!?

熱帯にいる鳥の特徴はとにかく色がカラフルなこと。原色の鳥達に思わず見とれてしまいます 熱帯にいる鳥の特徴はとにかく色がカラフルなこと。原色の鳥達に思わず見とれてしまいます

1991年に開園したこのバードパークには、200種類3000匹の鳥達が飼育されています。園内に入ると、ペリカンやオウム、インコ等あちこちに鳥達が休んでいます。また、さまざまな鳥の鳴き声がこだまし、上を見上げると気持ちよく空を飛んでいる鳥もたくさん。まさに鳥がより自然に近い形で飼育されています。鳥達は人に慣れているので、かなり近くまで寄って観察することも可能。こんなチャンスは日本では滅多にはありません! カメラを持って出かけましょう。

緑いっぱいの園内は、森林浴にもなります

5RM支払えばオウムや鷹を手や肩に乗せて写真をとることができます。旅の記念にいかが!? 5RM支払えばオウムや鷹を手や肩に乗せて写真をとることができます。旅の記念にいかが!?

広い園内は、遊歩道が整備されており、熱帯植物や滝、小川もあり、まさに巨大な公園のよう。歩いているだけで、目の保養になり、体の内側からすーと浄化された気がします。
そして、バードパークのメインアトラクションといえば14時半から始まる、鷹の餌あげ。悠々と羽を広げ空を飛ぶ鷹が急落下して餌をとりにくる姿は、迫力満点です。入園時に園内マップをもらえるので、時間調整をしながら、ぶらぶらお散歩してみてみましょう。

バードパーク以外にも見所はあります

日差しが強いので、日よけ対策してお出かけ下さい 日差しが強いので、日よけ対策してお出かけ下さい

バードパークの所要時間は約2時間。バードパークの隣りには、バタフライパーク(蝶園)やオーキッドガーデン(蘭園)等の見所も多いので、一日遊びたい!と言う方も簡単にアレンジすることができます。
動物園や公園では味わえない、動物達とのふれあいを体験することができるバードパーク。子供はもちろんのこと、大人も童心に戻ってはしゃぐことができます。ぜひ足を運んでみて下さい!

【関連情報】

■ KL Bird Park
住所: No. 920 Jalan Lembah Taman Tasik Perdana 50480 Kuala Lumpur
電話番号: 03-2272 1010
時間: 9:00-18:00
WEBサイト: http://www.klbirdpark.com/(英語)
行き方: タクシーで10分、またはKL Hop-On-Hop-Off で14番下車

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索