page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
マレーシア・クアラルンプール・安宿の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

安い・綺麗・立地良し!なのに、驚きの価格!300円から泊まれる、マレーシアのホテル


掲載日:2008/08/29 テーマ:安宿 行き先: マレーシア / クアラルンプール

タグ: 安い 節約


今のりにのってる航空会社がホテル業にも進出!

1泊料金が300円からと破格の金額で売り出しているTUNE HOTELS。安さも魅力ですが、立地も便利で出来たばかりで綺麗なホテル。まさに旅行者の味方です 1泊料金が300円からと破格の金額で売り出しているTUNE HOTELS。安さも魅力ですが、立地も便利で出来たばかりで綺麗なホテル。まさに旅行者の味方です

マレーシアの格安航空会社、「AirAsia」。飛行機は全席自由席、機内食サービスなし(有料のみ)、預け荷物は有料と徹底したコスト削減を実現し、この不景気の中、大幅に業績を伸ばし、勝ち組エアラインと呼ばれています。そんなエア・アジアがこの度、ホテル業界にも進出。航空業界同様に、ホテルの金額も早期に購入するほど、安くなります。なんと、最安値の金額はたったの9.99RM(約300円)から。できるだけ安く泊まりたい!観光重視でホテルに滞在する時間が少ないから、なるべくコストを抑えたい! そんなあなたにぴったりなホテルです。

トコトンまで無駄を省いたサービス

エアコン、TV、タオルは有料サービス。すべてこのカードキーで管理されています エアコン、TV、タオルは有料サービス。すべてこのカードキーで管理されています

エア・アジアのイメージカラーである、真っ赤な外装が目を惹く、「TUNE HOTELS」。モノレールの駅まで徒歩5分、そこから中心地のブキッビンタンまでは電車で2駅と、クアラルンプールのアクセス便利な立地にあります。海外でタクシーにはできるだけ乗りたくないという人も多いはず。夜遅くなってもタクシーを使わず、電車で移動できるのは、嬉しい限りです。
徹底してコストを抑えるために、エアコン、タオル、TVはすべて有料。欲しい人が欲しいだけという、個々のニーズに合わせたサービス体系となっています。

こだわりのベッドで快適な睡眠を♪

憧れの5つ星ホテルのベッドの寝心地。疲れをとる基本は睡眠から! 憧れの5つ星ホテルのベッドの寝心地。疲れをとる基本は睡眠から!

徹底したコスト削減を売りにしているTUNE HOTELSですが、一番の売りは「5つ星ホテルで利用されるベット」を導入していること。最高の寝心地を提供をしたいというコンセプトです。マットレスは柔らかすぎず、硬すぎず…絶妙な固さでまさに極上のベッド。歩き回って疲れた体を癒してくれること、間違いなしです。
予約はWEBサイト、もしくはコールセンターから可能。早めに予約をすればするほど安くなるので、旅行日程が決まったらできるだけ早く申し込みをしましょう!

ますます路線拡大のエア・アジア

タオルは有料。部屋には天井ファンがついているので、エアコンは必要ないかも タオルは有料。部屋には天井ファンがついているので、エアコンは必要ないかも

現在マレーシア国内に2つのホテルを持つTUNE HOTELSですが、2011年までにはアジアで100軒のホテルをオープンする計画のようです。
航空業界も続々と路線を増やし、2007年度のSkytraxのBest Low-Cost airline に選定され、マレーシアだけでなく世界的にも知名度が高くなってきた、エア・アジア! ますます目が離せません。定期的に0円フライト(空港使用税、税別)のプロモーションを行っているので、マレーシア経由のタイやインドネシア、ベトナムへの旅行も可能。ぜひチェックして見て下さい。

【関連情報】

■ Tune Hotels Downtown Kuala Lumpur
No. 316. Jalan Tuanku Abdul Rahman, 50100 Kuala Lumpur, Malaysia.
予約方法は3つ(オンライン、電話、ホテルに直接)
WEBサイト:http://www.tunehotels.com/
コールセンター:+603 79625888
チェックイン:14時/チェックアウト:10時
※LCCT(空港)からシャトルバスあり
・エアコン:5時間:6.50RM 、12 時間:12.85 RM
・タオル、シャンプー石鹸:15RM※返却時に10RM返却
・TV:6.9RM

エア・アジアのWEBサイト:http://www.airasia.com/site/my/en/home.jsp

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/08/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索