page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
マレーシア・クアラルンプール・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

カクテルアワーの長さはKL一 シェラトンインペリアル


掲載日:2017/08/18 テーマ:観光地・名所 行き先: マレーシア / クアラルンプール

タグ: お得 スイーツ 街歩き


目の前にショッピングモールの好立地

1階のパヴィリオン・ラウンジ。夜は生演奏を聴きながらしっとりお酒をいただけるバーに変身 1階のパヴィリオン・ラウンジ。夜は生演奏を聴きながらしっとりお酒をいただけるバーに変身

クアラルンプール(KL)市内のほぼ中心、オフィスビルの立ち並ぶエリアに位置するシェラトン・インペリアル・クアラルンプールは、目の前にショッピングモール、すぐ近くにモノレール駅という好立地でありながら周囲はあまり騒がしくないのがうれしいところ。徒歩でもタクシーでもアクセスがよく、とても便利です。
 ホテル入り口は豪華なファサード。また、ロビーから見えるラウンジも天井が高く広々としており、二階へと誘うクラシカルな階段がいっそうゴージャス感を演出しているのが印象的な高級ホテルです。

ラウンジのアフタヌーンティーがすごい!

所せましと置かれたスイーツの数々。種類も多く、気分があがる 所せましと置かれたスイーツの数々。種類も多く、気分があがる

この「パヴィリオン・ラウンジ」ではアフタヌーンティーをいただくことができ、三段のお皿にセットされたサンドイッチやプティフールのほか、チョコレートファウンテンやエッグタルト、クッキー、ジェリーなど驚くほどのラインナップのスイーツビュッフェもついており、14時から17時の3時間では食べきれないほど。毎日でも通ってすべてを制覇したくなってしまいます。ビュッフェにはサンドイッチやちょっとした点心もあるので、お腹を空かせて遅いランチにもよさそうです。

カクテルアワーへはしごも!?

ラウンジでも食べでのある軽食が。はしごしてしまったら夕飯はきっと入らない ラウンジでも食べでのある軽食が。はしごしてしまったら夕飯はきっと入らない

クラブルームの宿泊者なら、さらにクラブラウンジへ移動という手も。こちらは16時からカクテルアワーとなり、軽食とともにワインやカクテルをいただくことができます。だんだん暮れていく窓外にはKLタワーが目の前に見え、都会的な雰囲気。インターネットももちろん使えますので、ビジネスユースならPCを持ち込んでちょっとお仕事、なんていうのもよさそう。こちらでもカナッペや揚げ物中心のけっこうしっかりした軽食が出ますが、20時までと時間が長いのでゆっくりと楽しむことができるでしょう。ちなみに、カクテルアワーが4時間もあるのはKLいちの長さだそうです。

ひろびろ、落ち着きのある室内でのんびり

スタンダードルームでもこの広さ。ぜひ室内でゆっくりする時間をもちたい スタンダードルームでもこの広さ。ぜひ室内でゆっくりする時間をもちたい

ラウンジでじっくり落ち着いたころにはもうすっかりお腹はいっぱいなはず。部屋でのんびり、のそのお部屋もまた、広々快適です。デラックスルーム、クラブルームなどスタンダードタイプの部屋は42平方m、ウォークインクローゼットつきなのでちょっと長めの滞在やお買い物で荷物が増えてもすっきり収納ができます。インテリアはロビーと同様、クラシカルでありながらちょっとアジアンテイストを感じさせるモダンさも併せ持っており、木目の家具の温かみもいい感じ。窓が大きく解放感があり、KLタワーを目前に臨む部屋もあるので、部屋でくつろぐ時間も快適です。お仕事にもレジャーにも使い勝手のいいホテルでした。

シェラトン・インペリアル・クアラルンプール

ラウンジからの眺め。KLタワーを一望し、夕刻には夜景も望むことができる ラウンジからの眺め。KLタワーを一望し、夕刻には夜景も望むことができる

Sheraton Imperial Kuala Lumpur Hotel
Jalan Sultan Ismail, Kuala Lumpur, 50250, Malaysia
Phone: 60-3-2717-9900
http://www.sheratonimperialkualalumpur.com/

◇パヴィリオン・ラウンジ
アフタヌーンティー 14時〜17時
84リンギット/大人
42リンギット/子ども(9歳〜12歳)
(税・サービス料込)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/08/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索