page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
マレーシア・クアラルンプール・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ヒンドゥ教の聖地バツー洞窟がフォトジェニックに大変身!SNS映えするパワースポットに


クアラルンプール屈指の観光スポットとして人気のバツー洞窟

バツー洞窟へ続く階段は大規模改修で色鮮やかに塗り直されてフォトジェニックに バツー洞窟へ続く階段は大規模改修で色鮮やかに塗り直されてフォトジェニックに

マレーシア国内外からも信者が訪れるヒンドゥ教の聖地バツー洞窟。自然の作り出したその姿と相まって、クアラルンプール屈指の観光スポットとなっています。遠くからでも目を引くのは、山の岩肌に張り付いたように見える272段もある階段。登らなければ洞窟の中の礼拝所スリ・スブラマニア寺院にたどりつくことができません。石灰岩で形成された山の頂上付近にある礼拝所の天井には穴がぽっかりとあいていて、晴れた日には洞窟へ日差しが射し込み神々しい雰囲気に包まれます。階段の正面右側にある巨大な黄金の像は、高さ43mもある世界最大と言われるヒンドゥ教の軍神ムルガンです。

カラフルに彩られた階段がフォトジェニックだとSNSで話題に

登ると大変でも遠くからみるとグラデーションが美しい階段 登ると大変でも遠くからみるとグラデーションが美しい階段

バツー洞窟は2018年に大規模な改修工事が行われ、階段や手すりなど原色づかいのカラフルな色合いに大変身しました。ヒンドゥ教寺院といえば門塔(ゴブラム)の装飾がカラフルなことで知られていますが、今回の改修でこちらも極彩色に彩られておりローカル色が強い周辺の風景と比べてもフォトジェニックな印象です。それぞれの色にグラデーションがつけられた階段は遠くからみると虹が空へと続いているようにも見えます。ふと目の前の階段から目を離せば、涼しげに滝が流れていたり、野生の猿が出没したり自然に囲まれていることがわかります。※猿はかわいらしいのですが持っているものを奪おうとするので注意!

穴のあいた天井から降り注ぐ光が幻想的なバツー洞窟内

272段を昇ると突如として目の前に現れる神秘的で巨大な空間 272段を昇ると突如として目の前に現れる神秘的で巨大な空間

階段を昇りきった先には、ぽっかりと口を開けるバツー洞窟。洞窟というよりも天井が高く広大な空間が目の前に広がります。山の頂上にこんなスケールの場所があるとは想像もつかないのではないでしょうか。周囲を見回せば敬虔な信者たちが礼拝所に祈りを捧げに訪れ厳かなムードに包まれています。壁にはヒンドゥの神話を再現している彫像や絵画、神の遣いとされるクジャクなど本国インドを感じさせる装飾も見どころの一つです。さらに階段を昇った最深部にも礼拝所があり、ここで洞窟は行き止まりに。この礼拝所は毎年1月-2月頃にかけては、選ばれし信者が身体中に針や鍵をさして練り歩く奇祭タイプーサムの最終目的地となります。

暗闇探検や爬虫類展示!?楽しく遊べる洞窟アトラクションも充実

改修工事前のバツー洞窟は現在と色合いがかなり異なる 改修工事前のバツー洞窟は現在と色合いがかなり異なる

こちらは改修工事前の写真です。比べてみるとかなり雰囲気が違うのではないでしょうか。ちなみにバツー洞窟は英語で表記するとBatu Cavesと複数形になります。ヒンドゥ寺院だけではなく、蜘蛛やこうもりなど生態観察や探検や爬虫類などが展示されたアトラクションとも言える洞窟も何カ所かあるからです。パワースポットとも呼ばれる神秘的なバツー洞窟ですが、東南アジア的な雰囲気に満ちたエンターテイメント性にもぜひ注目してみてください。

関連情報

ヒンドゥ寺院に続く階段の途中に出没する猿はかわいらしいが餌付け禁止なので注意 ヒンドゥ寺院に続く階段の途中に出没する猿はかわいらしいが餌付け禁止なので注意

住所:Gombak, 68100 Batu Caves,Selangor
料金:無料 ※各種アトラクションは有料
アクセス:KTMセレンバン線(Laluan Seremban)のバツーケイブ駅(Stesen Batu Caves)下車徒歩すぐ
参考URL:http://www.batucaves.org/
http://murugan.org/temples/batumalai.htm#

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/01/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索