page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
マレーシア・クアラルンプール・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

大都会クアラルンプールに熱帯雨林ジャングル!?吊り橋を渡って散策するKLフォレストエコパーク


クアラルンプール中心部にあるマレーシア最古のジャングル

世界で唯一の都会の中にある熱帯雨林のジャングルであり、マレーシア最古の森林保護区でもある 世界で唯一の都会の中にある熱帯雨林のジャングルであり、マレーシア最古の森林保護区でもある

マレーシアの首都クアラルンプールの中心部ブキッ・ナナス(Bukit Nanas)の丘にあるKLフォレストエコパーク(KL Forest Eco Park)は1906年に国によって定められたマレーシア最古の森林保護区です。以前はブキッ・ナナス森林保護区と呼ばれていたエリアで、熱帯雨林の木々や植物が太古の昔からそのまま保全保護されている世界で唯一の都会の中にあるジャングルなのだそうです。かつては17.5ヘクタールもの広さがありましたが、1990年代の土地開発や丘の頂上ににそびえるKLタワー(KL Tower)の建設などで現在は約9ヘクタールにまで減少。それでも身近に本物のジャングルを体験できる貴重な場所として人気スポットとなっています。

吊り橋ウォークから見下ろすマレーシア最古の熱帯雨林

ジャングルとはいっても標識などが設置されており、迷うことはない。ただし木々が生い茂る自然林なので蚊除け対策は必須 ジャングルとはいっても標識などが設置されており、迷うことはない。ただし木々が生い茂る自然林なので蚊除け対策は必須

KLフォレストエコパークには散策路があるため迷うことはないと思います。ゆっくりと熱帯雨林固有の植物などを眺めながら歩いてもよいのですが、圧巻は全長200mにも及ぶ吊り橋を歩くコースのキャノピー・ウォーク(canopy walk)。丘の斜面にあるため、高低差がある吊り橋を渡り歩くのはスリルたっぷりですが、子どもから大人まで楽しめます。吊り橋は細かく分かれて渡してあるので、途中からその都度の昇降も可能。俯瞰で眺めるジャングルの原生林はもちろん、その木々の間からはクアラルンプール中心部の高層ビルが見え隠れするコントラストが楽しめます。世界の大都市の中でも珍しいこの光景は「都会の中の緑地(green lung)」と呼ばれることも。

クアラルンプールで一番高い場所といえば?実はここ

丘の上にあるため実際はペトロナスツインタワーよりも高いところに位置するKLタワー。オープンエアのスカイデッキからの景色は息をのむ。 丘の上にあるため実際はペトロナスツインタワーよりも高いところに位置するKLタワー。オープンエアのスカイデッキからの景色は息をのむ。

ブキナナスの丘の頂上には高さ421mの通信塔KLタワー(KL Tower=Kuala Lumpur Tower)がそびえ立っています。高所からクアラルンプールの街並みを見下ろすとなると、まず思い浮かぶのが高さ452mのペトロナス・ツイン・タワー(Petronas Twin Towers)ではないでしょうか。実は丘の上にあるためKLタワーの方が高い位置にあるのです。地上300mにあるオープンエアのスカイ・デッキ(Sky Deck)からはペトロナス・ツイン・タワーの先端部を眺めることができ、見下ろす角度から撮影する絶好のスポットとなっています。

無料観光バスGOKLを使ったおすすめのアクセスコース

高低差のある吊り橋を歩きながら見下ろすジャングルはまるで空中散歩をしているかのよう 高低差のある吊り橋を歩きながら見下ろすジャングルはまるで空中散歩をしているかのよう

最寄りの公共交通機関からはどれもやや距離があるKLフォレストエコパークへのアクセス。エントラスはKLタワーのふもとから下るコース、ラジャ・チュラン通り(Jalan Raja Chulan)沿いにあるインフォメーション・センターから登るコースなどあります。早くて便利なのはタクシーですが、時間に余裕があればインフォメーションセンター近くに停車する、市内観光スポットなど走る無料巡回バスのゴーケーエル(GOKL)を利用ししてみてはいかがでしょうか。路線はパープルラインで、下車駅はメナラ・オリンピック(Menara Olympic=ブキッ・ビンタン方面行き)かブキッ・セイロン(Simpang Bkt Ceylon=セントラルマーケット方面行き)。ただし車内では停車駅のアナウンスがないので、事前に路線図(関連情報参照)の確認をお願いします。

関連情報

KLフォレストエコパークの吊り橋は何本かあるが途中で降りて歩いて散策することもできる KLフォレストエコパークの吊り橋は何本かあるが途中で降りて歩いて散策することもできる

KLフォレストエコパーク(KL Forest Eco Park)
住所:Lot 240, Jalan Raja Chulan, Kuala Lumpur, 50250 Kuala Lumpur
開園時間:7:00-18:00
入園料:無料
参考URL:http://www.visitkl.gov.my/visitklv2/ (クアラルンプール公式観光サイト内)

無料巡回バスGOKLパープルラインの路線図:https://www.klia2.info/buses/bus-operators/go-kl-city-bus/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/09/03)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索