page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
マレーシア・クアラルンプール・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

意外と知られていないクアラルンプール市内の美しき連邦直轄領モスク


掲載日:2020/10/10 テーマ:観光地・名所 行き先: マレーシア / クアラルンプール

タグ: すごい! 寺院 美しい


クアラルンプール市内にある連邦直轄領モスクとは

緑と水に囲まれたイスラム教の世界観をイメージしたモスクの周囲は緑多いクアラルンプール市内の風景と調和している 緑と水に囲まれたイスラム教の世界観をイメージしたモスクの周囲は緑多いクアラルンプール市内の風景と調和している

マレーシア観光で見ておきたいイスラム教寺院のモスク。クアラルンプール市内や近郊で有名なのがブルーモスク、ジャメモスク、ナショナルモスク。また行政新首都プトラジャヤにはピンクモスクがあり一般公開もされています。
そして意外知られていないのですが、美しいデザインと内部装飾で一度は見ておきたいのがターコイズブルーのドームが遠くからも目を引く連邦直轄領モスク(Federal Territory Mosque)です。
クアラルンプール市内の日本人が多く住むモントキアラというエリアのすぐ近くに位置し、2000年から礼拝に使用されるようになった新しいモスクです。連邦直轄領とはマレーシア連邦が直接統治をしているクアラルンプール、プトラジャヤなどを指します。

連邦直轄領モスクの見学方法や流れについて

モスクは宗教施設のため、礼拝時間は異教徒は入れないので注意。見学は無料だが最後に気持ちだけ寄付をすることもできる。 モスクは宗教施設のため、礼拝時間は異教徒は入れないので注意。見学は無料だが最後に気持ちだけ寄付をすることもできる。

連邦直轄領モスクを見学する場合は柱に青い文字で「B」と書かれた入り口から靴を脱いで中へ進みます。
すぐ右側にローブカウンターがあるので、女性は頭にかぶるスカーフと全身を覆うローブを貸してもらい身支度を整えてモスクツアー(Mosque Tours)の表示に沿って進みます。
マスジド・ツアー・プログラム(Msjid Tour Program)と書かれたオフィスで見学者の受付をしているのでレジストレーションをします。名前や国など簡単なことを記入して終了。5-10人ぐらいのグループごとにツアーガイドの方がつきます。どこのモスクでもそうですが礼拝時間はムスリム以外は中に入れないので気をつけてくださいね。

イスラム建築の美を集めて建てられた豪華なモスク内部

22もある礼拝所のドームは圧倒されるような重厚感を放つ。またモスク内はイスラム圏のモスクの建築技法が取り入れられており芸術としての美しさも堪能できる。 22もある礼拝所のドームは圧倒されるような重厚感を放つ。またモスク内はイスラム圏のモスクの建築技法が取り入れられており芸術としての美しさも堪能できる。

礼拝所は約1万7000人を収容し、建築としても見所が多いのが連邦直轄領モスク。大小折り重なるように22のドームを配し、建物はすでに確立されたイスラム圏のモスク建築様式を随所に取り入れ融合させているのが特徴です。
ガイドの方によるとドームはオスマン様式とペルシアデザイン、礼拝の呼びかけを流すミナレットはエジプトとオスマン様式、木製部分の装飾はマレーシア伝統彫刻、そして回廊部分はモロッコスタイルなのだとか。アーチの部分の装飾はトレンガヌ、クアンタンでよく使われてデザインが採用されているのだそうです。
また実際に見学してみるとわかるのですが内部は非常に広く、特に雨が降ったあとのコートヤード(中庭)は水鏡のようになって美しいのが印象的。

教えてもらったモスク内のフォトスポット

撮影スポットが多く、また遠くにはペトロナスツインタワーやKLタワーといったクアラルンプール中心部の風景がのぞめる。 撮影スポットが多く、また遠くにはペトロナスツインタワーやKLタワーといったクアラルンプール中心部の風景がのぞめる。

ツアーの最後に方に立ち寄るのが、中庭を挟んだ対岸からの風景。こちらはイスラム様式のフレームの中にドームがあるように見える絶好の撮影スポットで、ウエディングフォトなどでも人気なのだとか。
また外観は「庭園の中のモスク(Mosque in a garden)」のコンセプトのもと、森やヤシの木をテーマにした5つの庭に囲まれているので時間があればこちらのイスラミックガーデンの趣も楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連情報

雨が降るとまるで水鏡のようにも見える大理石の中庭 雨が降るとまるで水鏡のようにも見える大理石の中庭

連邦直轄領モスク(Federal Territory Mosque/Masjid Wilayah/Federal Territory Mosque)
住所:Jalan Tuanku Abdul Halim, Kompleks Kerajaan, 50480 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
見学可能時間:8:00-13:00、14:00-17:00(土曜〜木曜)、8:00-12:00、14:45-17:00(金曜)
アクセス:クアラルンプール市内からGrabやタクシーで約

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/10/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索