多民族社会マレーシアのお国柄

(「集合屋台『ホーカーセンター』」へ!」その1からの続きです。)マレーシアは、人口の上で多数派のマレー人のほか、移民を先祖にもつ中国系、インド系の3大民族が主流で、そのほかにサバ州やサラワク州に先住民が多く住む、多民族社会です。イスラム教徒のマレー人は、戒律で禁じられている豚肉を食べませんし、アルコール類(調味料を含む)も避けます。一方、華人(中国系マレーシア人)は、栄養価が高い豚を、余すことなく食材として活用してきた歴史があるので、料理にも豚肉やラードを好んで使います。インド系は、スパイスやハーブを工夫して複雑に配合した料理を発達させてきたため、カレーに代表されるような料理を好みます。

多民族社会マレーシアのお国柄 多民族社会マレーシアのお国柄

「マレーシア料理」とは?

さらに先住民族は、半島部のマレーシアとはまた違った、郷土料理をもっています。華人やインド系にもムスリムはいるので、こうした人びとは、それぞれの伝統的な食事で、ハラール(イスラムの戒律に沿ったもの)を食べることになります。同じ国のなかで暮らしているので、それぞれが影響を与え合ってはいますが、宗教と基本的な食習慣が違うため、「マレーシア料理」はこういう特徴が融合したものというよりは、マレー系、あるいは中国系、インド系の料理がそれぞれにある、という印象です。旅行者の立場で言うと、一日のうちにまったく別系統の料理を食べ歩くことができるのが、マレーシアのおもしろいところです。

頼みやすいのは中国系料理

ホーカーセンターには、どんな料理があるのでしょうか。実際にわたしが食べたものを書き出してみます。日本の人になじみがあるのは中国系の料理だと思います。料理名が漢字で書いてあるのでイメージしやすく、お店の人が華人なら、たいてい英語が話せます。朝ごはんなら、地元の人気メニュー、海南鶏飯があるはずです。ゆでた鶏をごはんの上にのせたシンプルな料理ですが、薬味のしょうがやとうがらしは別に添えてあるので、好みで味付けが調整できます。マレーシアで「チキンライス」といったら、海南鶏飯のことです。ほかにはお粥があります。「猪」とあれば豚肉、ほかに鶏肉やお魚も一般的な具材です。手軽なメニューとしては麺類があり、ワンタン麺など日本でもおなじみのものがあります。麺の種類が選べるので、中華麺、ビーフンなど好みのものを指定します。(その3に続きます)

頼みやすいのは中国系料理 頼みやすいのは中国系料理