そもそも「バティック」ってなに?

旅先でのショッピングは、旅行の楽しみのひとつ。友だちや家族へのおみやげには、その土地ならではのものが喜ばれますね。「バティック」は、ろうで模様を描いた布を染めた「ろうけつ染め」のこと。「ジャワ更紗」ともよばれるインドネシアのものが知られていますが、実はお隣のマレーシアにも少し違ったバティックがあります。産地として有名なのは、マレー半島の東海岸にあるクランタンとトレンガヌですが、首都クアラルンプールでも買うことができます。

マレーシア旅みやげのお買い物。おすすめはマレーシア・バティック(ろうけつ染め) マレーシア旅みやげのお買い物。おすすめはマレーシア・バティック(ろうけつ染め)

マレーシア・バティックの特徴は?

伝統的なインドネシアのバティックは、渋い色調で、素材にはコットンがよく使われます。インドネシアの影響を受けつつ、独自に発展したマレーシアのバティックはシルクや化学繊維のものが多く、パステル・トーンのような明るい色が使われています。イギリスの植民地だったマレーシアでは、洋装が比較的早くから普及しました。カーテンやカバー類などインテリアにも用いられたため、蘭やハイビスカスなど熱帯植物や果物、蝶をあしらった、モダンなデザインが好まれました。

おみやげ向きのバティック小物

気軽に買えるのは、やはり小物でしょう。シルク地のハンカチや小さなポーチなら値段も手頃ですし、かさばりません。より実用的なものでは、コースターやランチョン・マット、テーブルクロスなどもあります。南国風の、のびのびした図案で、眺めているだけで楽しくなります。

バティック・アートも手ごろな値段で

お部屋に飾るのなら、「バティック・アート」という絵画風のものもおすすめ。女性向けのおみやげではスカーフが人気で、えり元のアクセントとして巻く短めのものから、肌寒いときに重宝する長めのものまで種類も豊富です。日本で買うよりも割安なので、まとめ買いしていく人も少なくないそうです。値段は素材や技法にもよりますが、有名作家のものでなければ、コットンのハンカチなら数百円、シルクのスカーフでも数千円から売っています。お店によって品ぞろえが違うので、予算に応じて好みのものを探しましょう。何点かまとめて買うと、値引きしてもらえるところもあるのでお得ですよ。