せっかくなら本店の制作工房へ

「アーチ」の木工製品の続きです。アーチは現在、クアラルンプール市内の「スリアKLCC」(LRTクレナジャヤ線「KLCC」駅)、「セントラル・マーケット」(LRTクレナジャヤ線「パサール・セニ」駅)、「1ウタマ・ショッピングセンター」(ダマンサラ地区)などに店舗を構えています。本店は、ダタラン・ムルデカ(ムルデカ広場)脇の「クアラルンプール・シティ・ギャラリー」の中にあり、アーチ制作の模型や制作工房、ショールームがあります。

マレーシアのおしゃれなお土産 「アーチ」の木工製品(後篇) マレーシアのおしゃれなお土産 「アーチ」の木工製品(後篇)

社名の由来は「建築」

「アーチ・コレクション」は、もともと不動産会社です。社名の「アーチ」は「建築」(architecture)から採られたとのこと。施主の注文に応じて、建築物の立体模型をつくっていたそうですが、「ひとつの街、ひとつの歴史遺産」をモットーに、現在では歴史的建造物の保存のための調査や、研究成果の保管などにもかかわっています。シティ・ギャラリーの2階には、アーチ制作のクアラルンプール市内の巨大ジオラマがあります。一望してその大きさにも驚きますが、ひとつひとつの建物の緻密さも一見の価値あり。模型制作には何度も何度も測量をして、写真や図面から起こしていくそうですが、気の遠くなるような作業量です。

一番品ぞろえが多い、本店ショールーム

シティ・ギャラリー1階にはアーチの工房があり、ガラス越しに制作風景を見学することができます。デザインの下絵に合わせて木片を薄く裁断し、手作業で張り合わせていく根気の要る作業に取り組むスタッフたちの姿が見られます。ショールームは、1898年建造の政府の印刷局だった建物を改装したもので、天井が高く広々としています。歴史的建造物と縁があるアーチらしい場所で、アーチの店舗のなかでも一番品ぞろえが多いそうで、観光客の姿もよく見かけます。クリスマスなど祝祭日の前後などにはセールもあるので、うまく時期に当たればふだんよりもお得に買い物ができます。
*Arch Collection 公式サイト(英語)http://www.archcollection.com/