熱帯の高原リゾートにある国営カジノ

世界各地にあるカジノを紹介するこのシリーズ。今回は東南アジアのマレーシアからです。マレーシアはイスラムの国なので、シンガポールとはまた違った規則の厳しさがある印象の国なのですが、この国にもカジノがあるのです。ただしたったひとつ。それはマレーシア政府公認の「カジノ・デ・ゲンティン」です。場所は首都クアラルンプールから車で1時間、そこからさらにロープウェイに乗り換えて約15分(直通バスもあり)。標高1700mのゲンティン・ハイランドへ向かいます。高原にあるため、熱帯でも涼しくてすごしやすいことから、クアラルンプール市民の絶好の避暑地として開発されてきた場所です。

教えて!世界のカジノ事情【マレーシア編】 クアラルンプールから日帰りできる高原カジノ 教えて!世界のカジノ事情【マレーシア編】 クアラルンプールから日帰りできる高原カジノ

ゲンティン・ハイランドにはどんなホテルがある?

ゲンティン・ハイランドで最も大きいホテルは、ファースト・ワールド・ホテルで、派手な色の外観が特徴。客室は6000室以上もあります。簡素な設備で値段は日本のビジネスホテル並みということから、カジノで遊ぶために行く人向き。ほかにもリゾートホテル・ゲンティンハイランド、アワナ・ゲンティン・ハイランズなどのリゾートホテルがあります。中国の旧正月や国慶節などの連休シーズンは大変混み合いますので、予約を早めにしましょう。

カジノはどうなっている?

カジノは各ホテルと通路でつながっています。入場にはとくにドレスコードはなく、ジーンズでもいいようですが、サンダル履きは不可。カジノは2フロアですが、それぞれがかなり広くなっています。24時間営業で、テーブルゲームでは、定番のルーレット、ブラックジャック、バカラなどができるほか、お手軽なスロットマシンも揃っています。平日でも人でいっぱいで、かなりのにぎわいをみせています。お客は中国系がほとんどですね。

家族も楽しめるテーマパークも充実。

「マレーシア人はイスラム教徒なのに賭け事はいいの?」とお思いになるでしょう。もちろんイスラム教徒は賭け事をしてはいけないので、リゾートにはカジノ以外のアミューズメントパークも充実しています。地元マレーシア人はカジノでは遊びませんが、家族で大型リゾートに泊まり、屋内外にあるテーマパークで遊んでいるのです。アウトドアテーマパークでは、ジェットコースターやフリーフォール、ダイナソーランドなどのアトラクションがあります。屋内テーマパークでは4Dシアターやスカイダイビング体験ができる「ゲンティン・スカイアドベンチャー」、建物の中を走り抜けるジェットコースターなどが人気。家族でのんびり、お父さんはちょっと抜け出してカジノで遊ぶ、というのもいいでしょう。