よいものを探すなら、クラフト・コンプレックスへ

(「伝統工芸のソンケットとは?」その2からの続きです。)マレーシア政府の手工芸品局がある「クラフト・コンプレックス」には、マレーシア全国の手工芸品が集められていますが、ここに政府系の工芸品店「カーヤネカ」の本店があります。マレーシアの工芸品の販売促進を目的にしているお店で、柄や技法についても店員に尋ねると教えてくれるので、説明を聞きながら品を選ぶことができます。ソンケットの裏を返してみると、織り模様によって糸の入り方が複雑なのがよくわかります。
Karyaneka
[住所] Kompleks Kraf Kuala Lumpur (Kuala Lumpur Craft Complex)
5 Jalan Conlay 50450 Kuala Lumpur
[URL] www.karyaneka.com.my

手軽なおみやげなら、セントラル・マーケットが便利

お店の数は限られますが、セントラル・マーケットにも専門店があるので、ほかのおみやげと一緒に買い物を済ませるのなら、こちらが便利でしょう。クラフト・コンプレックスに比べると、より観光客向けの品揃えなので、財布や手帳カバーなど、ソンケットの布の一部を利用した小物もあり、根気よく探せば手軽なものも見つかります。気に入ったものが手に入れば、マレーシアの旅のよい記念にもなると思います。
Pasar Seni (Central Market)
[住所] Jalan Hang Kasturi, 50050 Kuala Lumpur
[URL] www.centralmarket.com.my/index.php

一級品を観るなら、国立テキスタイル博物館へ

また、セントラル・マーケットから徒歩圏のムルデカ広場近くには、マレーシア国立テキスタイル博物館があります。マレーシアの染織工芸品や衣装、服飾品を集めた専門博物館で、ここには年代物のソンケットも展示されています。博物館級のものは市内で見かけることもありませんが、質のよい布が見たい織物好きにはおすすめ。無料で見学できます。
Muzium Tekstil Negara (National Textile Museum)
[住所] 26 Jalan Sultan Hishamuddin 50500 Kuala Lumpur
[開館時間] 9:00〜18:00 ※ハリ・ラヤなど祝祭日は休館
[URL] www.muziumtekstilnegara.gov.my