page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

【2019年版】クアラルンプールのおすすめ観光地 トップ5はココ!


まずはクアラルンプールのココへ行ってみよう

マレーシアの首都クアラルンプールの観光地トップ5をご紹介します。地元の人には「KL(ケーエル)」の名で呼ばれているクアラルンプールには、見どころがたくさんあります。その中からジャンルがかぶらないように、トップ5を選びました。まずは、このトップ5を訪れると各ジャンルがカバーできます。また、ステキな写真が撮れるスポットというのも考慮してありますよ。それでは、早速見ていきましょう!

第5位はクアラルンプールの中心のあの場所

第5位はクアラルンプールの中心のあの場所 第5位はクアラルンプールの中心のあの場所

第5位は「ブキッビンタン通り」です。クアラルンプールの中心地であるこの通りは、町の賑わいを散歩しながら感じられます。ここにはショップ、レストラン、マッサージやさん、両替所、ショッピングモールなど何でも揃っています。屋台で有名なアロー通りにも近く、食事の前後に立ち寄るのも良いですね。

第4位はあの「アイラブKL」のモニュメントがある場所

第4位は「シティギャラリー」です。ギャラリーとしてより、入り口横にある赤の「アイラブKL」のモニュメントが撮影スポットとして有名です。ギャラリーは有料で入場しない人も多いのですが、クアラルンプールの歴史などを詳しく知ることが出来ます。建物内にも撮影スポットがありますよ。エアコンが効いたショップやカフェで休憩がてら、立ち寄るのも良いと思います。
●シティギャラリー 開館時間 9:00〜18:30 料金10RM
2019年6月の情報です。最新データは以下のURLでご確認ください。
【URL】http://www.klcitygallery.com.my/

第3位はやっぱり立ち寄りたいあの美術館

第3位は「イスラム美術館」です。中東やアジアの魅力あふれるイスラムアートが展示されています。世界各国のモスクの模型、装飾品、衣服など、見ごたえたっぷりです。外観も館内も装飾が美しく、こだわりのアートが施されています。ショップやカフェもあり、エアコンも効いているので快適です。断食明けのお祭りの前後に数日休館することがありますので、調べてから行ってくださいね。
●イスラム美術館 開館時間 9:30〜18:00 料金14RM
2019年6月の情報です。最新データは以下のURLでご確認ください。
【URL】http://www.iamm.org.my/

第2位はピンク色がかわいいあの場所

第2位はピンク色がかわいいあの場所 第2位はピンク色がかわいいあの場所

第2位は通称ピンクモスクの名前で親しまれている「プトラモスク」です。外観だけでなく、内部もピンク色で統一されていて、美しいモスクです。天井の装飾も美しいので、ぜひ見上げてくださいね。敷地内にはカフェやショップもあります。外観の写真を撮るなら、人工湖をめぐるプトラジャヤクルーズ船に乗って撮るのがおすすめです。
●ピンクモスク 開館時間 [土〜木] 9:00〜12:30、14:00〜16:00、17:30〜18:00
[金] 15:00〜16:00、17:30〜18:00
2019年6月の情報です。最新データは以下のURLでご確認ください。
【URL】http://www.tourismmalaysia.or.jp/region/kal/suburbs.html

第1位はクアラルンプールのシンボルのあの場所

第1位は「ペトロナスツインタワー」です。「KL(ケーエル)」のシンボルと言えばまず浮かぶのはここですからね!「ペトロナスツインタワー」は、ツインタワーとしては世界一の452メートルの高さを誇ります。展望台もありますので、チケットを手に入れて市内を見渡してみましょう。外観を綺麗に見たいなら、正面にあるトレーダースホテルの33階にあるスカイバーがおすすめです。事前に予約して窓際の席を確保できると尚、良いですね。断食明けのお祭りの前後に数日休館することがありますので、調べてから行ってくださいね。
●ペトロナスツインタワー 休館日 月曜日 開館時間 [火〜日] 9:00〜21:00  [金]9:00〜13:00、14:30〜21:00 料金 展望デッキ 85RM
2019年6月の情報です。最新データは以下のURLでご確認ください。
【URL】http://www.petronastwintowers.com.my/en/tickets

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/08/06)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索