クアラトレンガヌー旅行・クアラトレンガヌー観光徹底ガイド

クアラトレンガヌー旅行・クアラトレンガヌー観光徹底ガイド

クアラトレンガヌー旅行・観光の見どころ・観光情報

トレンガヌ州の州都で、マレー半島の東側に位置する。州の人口の97%をマレー人が占めるのは多民族社会マレーシアの中では特異で、そのためイスラム色が強い保守的な土地柄だ。一方、州の開発には華人(中国系)が大きくかかわっていて、中華街にその面影を見ることができる。マレーシア人の間ではろうけつ染めのバティックの町として有名で、中心部のバティック市場では安価な布や既製服が売っている。市場の周辺には手描きのバティックを扱う店もあるので、おすすめだ。国内最大規模のトレンガヌ州立博物館は一見の価値あり。 (2016年9月編集部調べ)

言語 通貨 レート(2017/03/25現在) フライト時間 現地との時差
マレー語、中国語、タミル語、英語 MYR 1 MYR = 25.0515 JPY 約8.5時間 約-1時間

クアラトレンガヌーの人気問合せ情報

クアラトレンガヌーの最安値カレンダー

クアラトレンガヌーへ行くツアーを見る

クアラトレンガヌー旅行・観光の選び方

沖合に点在する島で海を満喫、またはビーチに面したホテルでリゾート滞在

海に面した港町なので、マリンレジャーが盛んだ。沖合のラン・テンガ島やレダン島に渡ってダイビングを楽しむ観光客も多い。住民の主流がマレー人のため、マレー系の伝統文化が息づいており、バティックやソンケット(錦織り)、かご製品などの工芸品が知られている。ツアー期間は6日間前後の日程が主で、市内に滞在するもののほか、市の北方メランや南のドゥングンにあるリゾートホテル泊のプランがある。トレンガヌ州では、ムスリムの集合礼拝がある金曜日が休日になっているので注意。官公庁や公立の施設は日曜日から木曜日が勤務日で、金・土曜は休みだ。(2016年9月編集部調べ)


クアラトレンガヌーの気温・降水量ベストシーズン情報

熱帯性気候。モンスーンの影響を受け、11〜3月は雨季にあたる。時にバケツをひっくり返したようなスコールに襲われたり、海が荒れることも。平均気温は26〜27度で、服装は夏服が快適。(2015年編集部調べ)

クアラトレンガヌーの人気ツアー

クアラトレンガヌー旅行・クアラトレンガヌー観光徹底ガイド

2件ヒットしました (1旅行会社 11.99〜13.49万円)
  • 1|
人気度

合算燃 11.99

旅行代金: 11.99

燃油燃:旅行代金に含まれています

6日間

成田発

ホテル:
コーラル・レダン・アイランドリゾート
航空会社:
マレーシア航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: マレーシアリゾートクラブ

人気度

合算燃 13.49

旅行代金: 13.49

燃油燃:旅行代金に含まれています

6日間

成田発

ホテル:
コーラル・レダン・アイランドリゾート
航空会社:
マレーシア航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: マレーシアリゾートクラブ

2件ヒットしました (1旅行会社 11.99〜13.49万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook