マラッカに行ったら食べておきたいニョニャ料理

マラッカに行くと、一風変わった料理があります。それがニョニャ料理と呼ばれるものです。中華料理に近いのですが、味はとてもスパイシー。中華料理とマレー料理をミックスしたような味なのです。中華は中華、マレーはマレー、そしてインドはインドと、民族も宗教も料理も、互いに交錯することがない。互いに尊重しあって暮らしているようなマレーシアという多民族国家で、ニョニャ料理の融合は、とてもめずらしいことのように思えます。マラッカあたりでよく目にするのが、ニッパヤシの葉っぱでくるんだ魚のすり身「オタオタ」でしょう。日本のかまぼこやさつま揚げに似ていて、チリペーストを塗っているので、やはりピリ辛。ビールが進みます。ソフトクリームの小さなコーンのような形の中に煮込んだ切り干し大根などが入ったのが「パイティー」。「ポッピア」と呼ばれる春巻きも、ニョニャ料理です。

ニョニャ料理(右がポッピア、下がオタオタ) ニョニャ料理(右がポッピア、下がオタオタ)

ラクサこそ、ニョニャ料理の代表作かも…

マレーシアからインドネシアにかけて、各地で食べられているのが「ラクサ」と呼ばれる麺料理です。中華麺もあれば白い米粉麺もあります。特徴は、スープを魚やエビを使って出汁をとることで、トッピングも魚介類が中心です。初めてラクサを食べたとき、「これはカレーラーメンではないか?」と衝撃を受けました。そう、日本にはない味で、スパイスと辛みをまろやかにするココナッツミルクが合わさり、中華の麺料理とは一線を画しているのです。トッピングは定番のもやしや、キュウリ、トマトが入っているものがあり、赤貝やエビがのせられたりします。地方によって、トッピングも味も異なりますが、マレーシア全土で食べられるほどの人気で、これは、イスラム教徒が禁じる豚肉を使っていないからなのです。豚肉ベースの料理が多い中華料理の中で、めずらしいですね。実はこれも、ニョニャ料理だったのです。

ババ・ニョニャ料理の代表「パイティー」 ババ・ニョニャ料理の代表「パイティー」

ニョニャはいなくなっても、料理は残った……

ニョニャとは、そもそも「ババ・ニョニャ」からきた言葉です。中華系の父方とマレーの母方を祖とする子孫で、男の子をババ、女の子をニョニャと呼んだそうです。宗教や生活様式は父方から、言語や料理など生活習慣は母方から受け継ぎ、その結果、生まれた料理のことで、ですから豚肉を使わないのです。豚肉を食べないのは宗教のせいだと思われがちですが、食べつけないものは作らないことから、ニョニャ料理が生み出されたように思われます。ですから宗教は中国系(道教や仏教など)でも、マレー系の人でも食べられるニョニャ料理が成立したのでしょう。かつては、両者の結婚に、宗教上の問題はなかったのですが、現在はイスラム教徒に改宗しなければ両者の結婚は許されず、ニョニャは潰えたといわれています。そして彼らの子孫は、箸を使えなくなり、中国語を忘れ、マレー社会に同化しつつあるそうです。そんな中、ニョニャ料理だけが残されたのです。