おでん屋なのか、ラーメン屋なのか?

この店は、いったい何の店なのでしょう? 通の方ならおわかりかもしれませんが、店頭に置いてある素材を見て、僕は首を傾げてしまいました。なぜなら、結構大きめのおでんの具とも言える練り物とラーメンや米粉麺が一緒にあったからです。タイに行くと、ラーメン屋さんで普通に小さな練り物類をトッピングしてくれる店があります。しかしマレーシアでは、具材がいかにも大きいのです。見ていると、おでんだけを食べている人もいますし、おでんとは別にラーメンをすすっている人もいます。いったいこの店は、ラーメン屋なのかおでん屋なのか、はっきりせいと言いたくなりますが、日本でも、おでんの屋台では必ずと言っていいくらい、ラーメンも置いてあります。ま、どっちでもいいかと、店に入ることにしました。

この看板がおでん(醸豆腐)ラーメンの目印だ この看板がおでん(醸豆腐)ラーメンの目印だ

具材はいろいろある

立ってぼんやりしていると、店の人が器とトングを渡してくれます。昼過ぎだったせいか、おでんの具材が少なめです。赤唐辛子、苦瓜、ブロッコリー、豆腐、揚げナスなどに練り物がはさんであります。さつま揚げのように、揚げた練り物もあります。別途、空芯菜などの野菜もありました。あれもこれもと器に入れます。練り物好きとしては、つい入れ過ぎてしまいそうなところを、グッと堪えつつ……。それで、日本のおでんのように煮込むのではなく、さっとお湯にくぐらせるのです。「それで、どうする?」と僕から渡された具材の入った丼を持って、店員が聞いてきます。麺はどれにするのかと。

どのおでんがいいか、具材は自分で選んで器に入れる どのおでんがいいか、具材は自分で選んで器に入れる

おでんラーメンにするか、おでんと油麺にするか?

おでんとくれば、酒類を飲まない人は、当然ご飯となるのが日本ですが、こちらでは麺となるようです。米粉麺は、細いものからきしめんのように太いものまであります。日本のラーメンと同じ黄色い面を選びます。「スープ? ドライ?」。またもやチョイスです。スープならば、おわゆるおでんラーメンとなり、ラーメンの上におでんが載ります。ドライなら、スープに浮かぶおでんと別途、油麺になるようです。僕はドライを選びました。麺には甘めのソースがかかります。シンプルにていいお味です。ズルズル食べます。おでんは日本のものよりも、煮込んでない分あっさりしており、作りたての練り物ならではの、ふっくらとした味わいです。とくにブロッコリーはめずらしく、揚げナスはうまかったですねえ。タイでもよくある豆腐にはさんだ練り物も、日本ではお目にかかれない具材です。おでんラーメン、マラッカにお越しの際は必ずや試してみてください。

スープラーメンにしてもいいし、ドライ(スープなし油麺)にしてもいい スープラーメンにしてもいいし、ドライ(スープなし油麺)にしてもいい