サンダカン旅行・サンダカン観光徹底ガイド

サンダカン旅行・サンダカン観光徹底ガイド


サンダカン旅行・観光の見どころ・観光情報

クリックで拡大表示
  • キナバタンガン川
  • タートルアイランドの海ガメの産卵
  • タートルアイランドの子ガメ
  • タートルアイランドの母ガメ
 
 

港町サンダカンは、ボルネオ島の北、サバ州にある。見どころは、戦中をはさんで1952年まで当地に滞在したアメリカ人作家アグネス・キースの家、セントラル・マーケットなど。第二次世界大戦中の激しい爆撃に耐えた、サンダカン最古の聖ミカエル教会も訪れたい。郊外では、海に向かう桟橋周辺の水上で暮らす人々の生活が見学できる、カンポン・アイル(水上集落)もおすすめの観光名所だ。戦争記念公園は、大戦中に日本軍の捕虜収容所があった場所で、大勢の連合軍捕虜が命を落とした「サンダカン死の行進」を追悼する碑がある。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


サンダカンの旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
マレー語、中国語、タミル語、英語 MYR 約8.0時間 約-1時間

サンダカン旅行・観光の選び方

熱帯雨林に暮らす野生動物に親しめる。コタキナバルやスカウなどとの周遊ツアーで

セピロック・オランウータン保護区は世界的に有名で、4300ヘクタールの広大な敷地にオランウータン(マレー語で「森の人」)が保護されている。タートル・アイランズ公園はサンダカン沖合にある島々で、ウミガメの産卵を見学することができる。サンダカンを訪れるパッケージツアーは、コタキナバルやスカウと組み合わせた周遊型で、ツアー期間は7日間程度。日本ではなかなか見ることができない野生生物の観察がおすすめだ。サンダカンは19世紀末以降、英領北ボルネオの中心地だった。明治・大正期には日本人娼館もあり、景気のよいボルネオに渡った「からゆきさん」たちが眠る日本人墓地がある。(2016年9月編集部調べ)


サンダカン観光のこだわりポイント

タートル・アイランズへ船で観光
サンダカン沖に浮かぶ小島はウミガメの産卵地として有名。保護施設を見学するツアーもある。
心配なしの食事付き全食事付き
慣れない土地でも、食事付きのツアーを選べば安心。おまかせなら名物料理や郷土料理もハズレなし。
効率よく観光終日観光付き
郊外に点在する見どころも、ツアーなら移動の心配もなく楽しめる。ガイドの説明でさらに理解も深まり一石二鳥。
一生の思い出に!ハネムーン
ボルネオ島の大自然をふたりで満喫。日常から離れたジャングルトレッキングは一生の思い出!

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


サンダカン旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、サンダカン観光情報が満載。
サンダカン旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。