page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
マレーシア・タマンネガラ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界最古のジャングルが広がる!タマンネガラでわくわく大冒険


マレーシアの熱帯雨林が作る出す、自然の大きさを、体感してみましょう!

公園内の移動は歩き、もしくはボート。山からの水を大量に湛えるテンベリン川、流れは速く、浅瀬にボートの腹をこすりながら、水しぶきを浴びて、スリル満点の船旅 公園内の移動は歩き、もしくはボート。山からの水を大量に湛えるテンベリン川、流れは速く、浅瀬にボートの腹をこすりながら、水しぶきを浴びて、スリル満点の船旅

高層ビルが立ち並び、近代化が進むマレーシアの首都、クアラルンプール。日本人にはまだ「マレーシア=ジャングル」というイメージがあるようで、旅行者の皆さんは、マレーシアの発展ぶりに驚かれます。しかしクアラルンプールから少し郊外に出れば、まだまだ東南アジア独特ののんびりとした風景に出会うことができます。国土の4分の3が森林と湿地帯という大自然溢れる、マレーシア。今回はマレー半島中部に位置する、最古の国立公園である「タマンネガラ国立公園」で大自然を満喫しましょう。

子供の頃、泥だらけになりながら、森の中で遊んだ思い出が……フラッシュバック

アクティビティはすべてガイド付き。木の種類、動物の名前、原住民の生活の様子を細かいところまで、教えてくれます。そして、さすがガイド、動物を見つけるのが、早い! アクティビティはすべてガイド付き。木の種類、動物の名前、原住民の生活の様子を細かいところまで、教えてくれます。そして、さすがガイド、動物を見つけるのが、早い!

しかし急速な経済発展と共に、年々この森が失われつつあります。そんな中でタマンネガラは1939年に国立公園に指定され、長く環境破壊から守られてきたエリアなのです。
このタマンネガラの一番の魅力はなんといっても「ジャングル体験」。ホテルにはたくさんのアクティビティが用意されています。
子供の頃に戻って遊びたい。 運動不足だがジャングルトレッキングをやってみたい!豊かな大自然が思う存分満喫してみたい!という方にはぴったりの場所です。

高所恐怖症の人でも大丈夫!木の間に架けられた吊り橋を、初体験

高さはあるものの、回りに高い木が生い茂っているせいか?それほど高さを感じません。だから高所恐怖症の人でも大丈夫!!! 高さはあるものの、回りに高い木が生い茂っているせいか?それほど高さを感じません。だから高所恐怖症の人でも大丈夫!!!

タマンネガラの一番人気のアクティビティはキャノピー・ウォーク。吊り橋というと、川に架けてあるイメージですが、ここでは木と木の間。樹齢数百年はあろうかと思われる、大木に囲まれた森の中に、吊り橋が掛けられています。
高さ20メートルから30メートルの高さに、人が一人歩けるだけの幅の吊り橋が、11個設けてあります。全長500メートル、約30分の道のり。一歩歩くごとにぐらぐら揺れ、スリルは満点。ジャングルが眼下に迫り、ジャックフルーツの木、色鮮やかな鳥達……上から見下ろすジャングルの眺めもまた壮大です。

自然の偉大さと本当の豊かさを、心と体で体験できる、大自然満喫ツアー

洞窟探検。頭にライトをつけ、四つんばいになって奥へ入っていくと、そこにはたくさんのコウモリがぶら下がっています 洞窟探検。頭にライトをつけ、四つんばいになって奥へ入っていくと、そこにはたくさんのコウモリがぶら下がっています

タマンネガラは野生動物、熱帯植物の宝庫。都会では見ることの出来ない動物、蝶、植物に出会うことが出来ます。巨大な木々が鬱蒼と茂り、鳥や動物の鳴き声が静寂の中に響き渡ります。ジャングルトレッキングに出かけると、途中にはオランアスリ(原住民)の集落もあります。電気はなく、水は川の水、食べ物は狩猟生活。現代の日本にはない、自給自足の生活を垣間見ることができます。
これ以外にも洞窟探検、ラフティング、釣り、ナイトサファリ等、大自然の中で、いろいろなアクティビティも盛りだくさん。子供から大人まで、夢中になって楽しめる、まさに楽園です。

【関連情報】

運が良ければ、マレーゾウ、マレータイガーなどの動物に会うことができます。私が出会った物はイノシシ 運が良ければ、マレーゾウ、マレータイガーなどの動物に会うことができます。私が出会った物はイノシシ

■クアラルンプール発ツアー
ツアー会社:Wendy tour
ツアー名:タマン・ネガラ国立公園2泊3日 (日本語ガイド) 日本語
料金:995RM(約29850円)
URL:http://www.wendytour.com/malaysia/package_tour/view.asp?ID=525

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/09/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索