page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

モンゴル旅行・モンゴル観光徹底ガイド

モンゴル旅行・観光の見どころ・観光情報

モンゴルは中国とロシアに挟まれた内陸国で、大部分が標高900〜1500mの高原にある。首都ウランバートルには、モンゴル仏教の総本山ガンダン寺や、ボグドハーン宮殿博物館などの見どころがあり、ウランバートルを一歩出れば、辺りには見渡す限りの草原が広がる。首都を離れたところでは、モンゴル帝国の古都カラコルムが有名。世界遺産に登録されたモンゴル最古の寺院、エルデニ・ゾーやカラコルム遺跡がある。また、北部のフブスグル湖周辺は「モンゴルのスイス」と呼ばれる有名観光地。針葉樹の森と湖が織りなす美しい景色が見られる。(2016年9月編集部調べ)

モンゴルへ行くツアーを見る この国のツアー料金相場を見る

モンゴルの人気問合せ情報

モンゴルの最安値カレンダー

モンゴル旅行・観光の選び方

遊牧民のテントに滞在するなど、大自然を満喫するツアーに

モンゴルへのツアー期間は5〜8日間のものが一般的。ほとんどがモンゴル1ヵ国のみの訪問だが、なかにはロシアのイルクーツクも含むツアーがある。国内では首都ウランバートル以外にも、近郊の保養地テレルジや、世界遺産の遺跡があるカラコルム、草原の美しいブルドを訪れるものが多い。ツアー選びは、遊牧民のゲル(テント)滞在や乗馬など、モンゴルならではの体験ができるかどうかがポイントだ。大草原で夕日や満天の星空を眺め、家畜と触れ合い、遊牧民のゲルで馬乳酒を味わうなど、モンゴルならではの体験を楽しみたい。お土産にはカシミアやラクダの毛織物、フエルト製品、岩塩などがおすすめ。(2016年9月編集部調べ)


モンゴル航空券/空港・主要都市へのアクセス情報

モンゴルで日本と定期便がある空港はウランバートルのチンギスハーン国際空港。モンゴルは中国やロシアと国境を接する広大な国土を持つが、国際空港は首都ウランバートルにあるチンギスハーン国際空港が唯一の存在で、モンゴルに空路入国する場合は必ずチンギスハーン国際空港に降り立つことになる。モンゴルの冬季は酷寒の地となるため、観光シーズンは夏季になり、それが航空便にも大きく影響しており、成田〜ウランバートル間の便は夏季に増便、冬季は減便されるほか、関西〜ウランバートル間は夏季のみ運航される。
(※2012年1月時点。事実が変更している可能性がありますので事前にご確認下さい。)

現地ガイド発!モンゴルの観光最新情報

  • モンゴルのオススメツアー

    モンゴル旅行・モンゴル観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    主な航空会社はこちら

    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook