ぎゅっと濃縮エコツアー 草原の風になって自然と歴史にタッチ!

モンゴル・ホスタイ・歴史の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

ぎゅっと濃縮エコツアー 草原の風になって自然と歴史にタッチ!

掲載日:2008/06/05 テーマ:歴史 行き先: モンゴル / ホスタイ ライター:山本ちかだるま

タグ: お土産 すごい! 遺跡 公園 動物



ABガイド:山本ちかだるま

【モンゴルのABガイド】 山本ちかだるま
全ガイドを見る
モンゴル国在住。東京外国語大学モンゴル語科在学中から取材コーディネートと通訳・翻訳業を始め、2002年にモンゴルで起業。年間平均移動距離1万km、モンゴル国全21県踏破の行動派。この道一筋20年の「モンゴルよろづ屋」がお送りするぴっちぴちのモンゴル、まるかじり紀行です。

ホスタイノロー国立公園の目玉は馬の原種・「タヒ(モウコノウマ)」。'90年から人工繁殖と野生化への取り組みが続けられ、現在は約200頭余りのタヒが生息しています ホスタイノロー国立公園の目玉は馬の原種・「タヒ(モウコノウマ)」。'90年から人工繁殖と野生化への取り組みが続けられ、現在は約200頭余りのタヒが生息しています

定番エコツアー「ホスタイノロー国立公園」

ウランバートルから約100km。舗装道路で2時間足らずで気軽に行けるモンゴルのサファリランド。それがホスタイノロー国立公園です。(注:現在は道路工事中のため、所要時間は約2倍)トゥブアイマグの3つのソムにまたがる広大な国立公園内には、砂漠あり、草原あり、森林あり、山岳あり。稀少な動植物や鳥類が生息する豊かな自然に恵まれたサンクチュアリであるだけでなく、トーラ川流域に点在する遺跡なども豊富にあります。モンゴルのエコツアーの典型的なモデルとして多くの観光客や研究者が1年中絶えることなく訪れるスポットです。

 

近すぎず遠すぎず。野生動物と人間の理想的な距離でタヒ一家との出会いを楽しむ。日中が暑い夏は夕暮れ時に水場に下りてきます。専属のレンジャーガイドに懐かしそうに近寄ってくる国立公園生まれのタヒもいます 近すぎず遠すぎず。野生動物と人間の理想的な距離でタヒ一家との出会いを楽しむ。日中が暑い夏は夕暮れ時に水場に下りてきます。専属のレンジャーガイドに懐かしそうに近寄ってくる国立公園生まれのタヒもいます

馬は風から生まれた。あこがれのタヒに遭遇

広大な国立公園内に点在するタヒと出会うのは至難の業……とのご心配は無用。国立公園内を知り尽くしたレンジャーガイドの案内で、かなり高い確率でタヒと出会えます。種馬に見守られて、のんびりと草をはむ雌馬と仔馬の群や独身貴族の若いオスの群などタヒの様々な生態を観察することができます。タヒだけでなく、ユーモラスなタルバガン、優美なアカシカなど、46種の哺乳類、170種余りの鳥、400種あまりの植物も生息しているので、いつ訪れても自然を楽しめます

 

胸の前で両手を組んで1000年以上前の故人を悼む。こんな風に遺跡と親しむことができるのもモンゴルならではの歴史の楽しみ方。真ん中にいるのは地元出身の美人ガイド・ガンガーさん 胸の前で両手を組んで1000年以上前の故人を悼む。こんな風に遺跡と親しむことができるのもモンゴルならではの歴史の楽しみ方。真ん中にいるのは地元出身の美人ガイド・ガンガーさん

歴史探訪。世界でもめずらしい長大な遺跡群

肥沃なトーラ川流域の草原には、トルコ系騎馬民族が残した歴史的遺物が点在しています。これらは、6−8世紀ごろのトルコ系貴族の遺跡「ウングット墳墓群」です。ここにある哀悼の意を示す無数の石人像は、トルコ系騎馬民族の方形墳に向かって、東西に並んでいます。
太陽信仰のあったトルコ系騎馬民族らしく、墳墓から石人像、そして2kmあまりにわたっておかれた石は故人のあの世への道筋である日の出の方向を指しています。精巧な狛犬や羊などの石像の細工に古の技術を感じます。

 

ゲルの形をしたお土産コーナーにあるフェルト細工などは制作者の顔が見えるリストもあります。オリジナルのフェルトバッグやスリッパ、カシミア製品、皮革製品。手作りチーズやヨーグルトなどもあります ゲルの形をしたお土産コーナーにあるフェルト細工などは制作者の顔が見えるリストもあります。オリジナルのフェルトバッグやスリッパ、カシミア製品、皮革製品。手作りチーズやヨーグルトなどもあります

地元遊牧民お手製のお土産がたっぷり

国立公園が運営するツーリストキャンプは1年中、宿泊可能。温水シャワー、サウナ、水洗トイレ完備。敷地内には、国立公園の保護活動や自然生態に関する情報センターがあります。国立公園周辺の遊牧民の自立支援のためのフェアトレードコーナーには地元女性の手作りやオリジナルTシャツ、写真集など、ここでしか入手できないレアものがいっぱいです。売上は制作者の遊牧民に渡され、一部は国立公園の活動費になります。通りすがりの旅人でも、自然と人に優しさを残していけるチャンスがある、それがエコツアーの醍醐味です。

 

ツーリストキャンプ内にある情報センター。タヒの生態やホスタイノロー国立公園の活動だけでなく、モンゴルにいる動植物の生態などもわかります ツーリストキャンプ内にある情報センター。タヒの生態やホスタイノロー国立公園の活動だけでなく、モンゴルにいる動植物の生態などもわかります

【関連情報】

施設名:「ホスタイノロー国立公園(Hustai National Park)」
住所:Tariat valley, Argalant sum, Tuv aimag(Hustai tourist resort)
電話番号:976-11-245087・976-11-329895/ウランバートル事務所(英語可)
URL:www.hustai.mn
アクセス:ウランバートルからハラホリンへの幹線道路を83km。案内看板のところで左折。約15km。
ツーリストキャンプは年中無休(要・予約)。 国立公園見学のみの場合は、入場料$5/人。英語か日本語のパンフレットをもらえます。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/05)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事