page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
モンゴル・ウランバートル・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

バイオリン属・擦弦楽器、モリンホールを買いに行こう!


掲載日:2007/11/22 テーマ:ショッピング 行き先: モンゴル / ウランバートル

タグ: ショッピング 音楽


モリンホールは楽器工房で買うべし

ホブド県エルデネブーレン村で遭遇したモリンホールを奏でる才能豊かな少年。音色に酔いしれました ホブド県エルデネブーレン村で遭遇したモリンホールを奏でる才能豊かな少年。音色に酔いしれました

伝説「スーホの白い馬」で広く日本人にも知られるようになったモリンホールは、二弦の弓奏により西洋の弦楽器チェロの様に太くて心地良い、また、どこか懐かしく心に残る奥深い音色を伝える事のできる遊牧民伝統楽器の一つです。二弦とは云え、その一つ一つの弦は約100本の馬毛や細い合成繊維の束をピンと張ったものであり、西洋楽器との音質の違いを演出しています。さて、そんな素敵でウットリする楽器こそ職人さんのいる楽器工房で購入しては如何でしょう、この度はUB(ウランバートル)市郊外のモリンホール楽器工房を訪ねてみました。

楽器の販売・修理店「エグシグレン」

楽器購入も修理もOKのエグシグレン楽器店店内。ここの店員さんに製造工房の場所を詳しく聞きました 楽器購入も修理もOKのエグシグレン楽器店店内。ここの店員さんに製造工房の場所を詳しく聞きました

UB市内中央に位置するスフバートル広場の西側道路をまっすぐ北へ徒歩約10分。途中、自然史博物館の見える交差点を横断してすぐ右手に「エグシグレン」とキリル文字看板の楽器販売・修理店が現れます。店内にはご主人のバイガルジャウさんが手掛けたモリンホールに加えて、お琴風のヤタグ、三味線風のシャンズ、二胡風のホーチルなど、自社製モンゴル伝統楽器が並び、やや遠慮気味に仕入れたギター等が陳列販売されています。そして、その傍らには修理工房があり、ご主人の楽器に対する責任と愛着が伝わってきます。

エグシグレンの楽器製造工房は住宅地にある

製造工房で働く職人さん。後ろの壁には塗装前の木製サウンドホールがズラリ並び、ナチュラルな木の香りが部屋の中を漂います 製造工房で働く職人さん。後ろの壁には塗装前の木製サウンドホールがズラリ並び、ナチュラルな木の香りが部屋の中を漂います

販売店エグシグレンから更に北西へ約2km、32番トイリグ地区の57番学校の右側の小高い丘にある二階建レンガ家が楽器工房です。実は50年程前までは革張り製モリンホールが主流でしたが、気象条件異なる海外演奏機会が増えた昨今は音質安定性を求めて2、3年乾燥させた木材を表面に使います。横板、後板は硬めのホスという木材を、表板には柔らかめのガッツォールやナルス、時には高価なクリョンという木材を用います。これらに馬を彫り上げたネックが付けられて完成しますが、見ていると正に楽器に対する愛情が増してきます。

モンゴル旅行で本格モリンホールを手にしよう

最高級素材クリョンで作った塗装前・後のサウンドホールと馬の彫刻の入ったネック部分 最高級素材クリョンで作った塗装前・後のサウンドホールと馬の彫刻の入ったネック部分

イーハトーブ案内人で詩人の宮沢賢治はチェロを奏でました。楽器演奏は人々の暮らしを豊かにしてくれる魔法のおまじないです。どうやら入門の敷居は低そうな二弦楽器を手に、賢治の様に素敵な幻想世界を御自身の手で描いてみては如何でしょう?完全4度調弦でFとB♭、ギター等と異なり指板に弦を押付けるのではなく、弦に指を添えていく感じで女性にも扱いやすい。それでいて奥深い演奏技術と音色。さて、旅行とモリンホール購入を併せたモンゴル御訪問は如何でしょう?チェロ御購入よりも廉価な上、楽しさ倍増だと思いませんか?

【関連情報】連絡先と参考価格

エグシグレン楽器店の店内にある修理工房、バイオリンもぶら下っていた… エグシグレン楽器店の店内にある修理工房、バイオリンもぶら下っていた…

連絡先は、住宅地内にあるエグシグレン楽器製造工房:11−312732、Mr.バイガルジャウ携帯電話:91919262。
モリンホールの価格は、US150ドル位のものが主流ですが、特注にも応じるとの事。また、クリョン製のものはUS1000ドル位、要相談との事でした。
★注意:経済成長著しいモンゴルでは物価上昇がめまぐるしく全てにおいてその都度価格確認が必要となってきます。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索