page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
モンゴル・ウランバートル・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

モンゴル初のテーマパーク モンゴル帝国へ Let's タイムスリップ!


掲載日:2008/05/13 テーマ:観光地・名所 行き先: モンゴル / ウランバートル

タグ: たのしい テーマパーク


草原にそびえたつ英雄を発見!

高さ約60m。馬の鬣が展望台になってます。土台部分は、歴史博物館・レストラン・文化セミナー用の会議室などになる予定 高さ約60m。馬の鬣が展望台になってます。土台部分は、歴史博物館・レストラン・文化セミナー用の会議室などになる予定

モンゴル国の首都・ウランバートルから東北に伸びる舗装道路を走ること1時間弱。延々と続く大平原にあきてきた頃、突然、銀色に輝くチンギスハーンの騎馬像が見えてきます。宿泊施設を兼ね備えた歴史テーマパーク「チンギスハーン公園」の中心となるモニュメントです。建設開始から3年、ようやく今年中に完成するメドが立ちました(8月予定)。チンギスハーンの目線で見られる展望台になるんだよ、と工事人のオジサンたち自慢の高さ40mのチンギスハーン展望台。特別に登らせてもらいました。

チンギスハーンの目線で眺める気分は爽快!

一般公開は8月(予定)からですが、「こっそり」工事長さんが案内してくれました。教え子の日本語ガイドの卵たちと一緒に、迫力のチンギスハーンをバックに記念写真をパチリ 一般公開は8月(予定)からですが、「こっそり」工事長さんが案内してくれました。教え子の日本語ガイドの卵たちと一緒に、迫力のチンギスハーンをバックに記念写真をパチリ

展望台までは直通エレベーターあり。今は工事中なので、細いらせん階段を息を切らせながら、登りました。振り向けば、ピカピカ輝く英雄・チンギスハーンと目が合います。かっこいい! このチンギスハーン像は、現在稼働中のモンゴル初の大規模テーマパークでもある姉妹施設「13世紀村」を見つめているとのこと。視線の先はひたすら荒野…。でも、風に吹かれながらぐるりと草原を見晴らすうちに、地の果てまでも馬で走っていきたい!という世界の覇者の気持ちになりました。

荒野に出現したモンゴル帝国?

「13世紀村」で一番最初にできたという「職人村」の外観。村ごとにゲルや集落の構造が違い、実際に住んでいる「住人」が今も村を拡大建設中。生活感たっぷり 「13世紀村」で一番最初にできたという「職人村」の外観。村ごとにゲルや集落の構造が違い、実際に住んでいる「住人」が今も村を拡大建設中。生活感たっぷり

チンギスハーン像から約20分で、「13世紀村」の入り口に到着。モンゴル兵士の衣装をきた番兵がお出迎え。歴史学、考古学、伝統工芸など専門家の研究をもとに、モンゴル帝国当時の生活様式を忠実に再現したモンゴル国初のテーマパークは番兵宿営地・職人村・教育村・シャーマン村・牧民村・ハーン村の6つが稼働中(全部で13村になる予定)。各村で当時の衣装を着た案内人たちが実際に生活しているという徹底ぶり。2-10km離れた各村への移動は馬かラクダ。13世紀当時そのままのトレッキングを堪能できるコースです。

皆で作る「13世紀村」

職人村の親方・プレブさんはモンゴル西部ホブド県出身の工芸職人。「村」の生活用具は全部、彼の手作り。フェルト細工を作る奥様と「職人村」に在住して3年目。石臼でひいた大麦粉の試食無料サービスあり 職人村の親方・プレブさんはモンゴル西部ホブド県出身の工芸職人。「村」の生活用具は全部、彼の手作り。フェルト細工を作る奥様と「職人村」に在住して3年目。石臼でひいた大麦粉の試食無料サービスあり

テーマパークのコンセプトは「モンゴル人皆で築こう」。建設費用は誰でも気軽に購入できる「100トゥグルグ株券発行(約10円)」で調達。モンゴル国内市場の売れ筋商品。(現在は、1株200トゥグルグ前後に上昇中)「村」に家族で住み込む「案内人」も増え、「教育村」は「住人」の子供の教育の場としても機能し、「牧民村」は季節ごとに移動しながら、「村の住人」の肉や乳製品を供給。リアルな「村」の成長過程も楽しめる「13世紀村」。モンゴルの歴史も自然も乗馬も気軽な日帰り旅行で満喫できる今年イチオシのスポット

【関連情報】

「13世紀村」の番兵兼案内人に出迎えられた先にはモンゴル帝国時代のゲルがどーんとありました。5月1日から本格始動で毎月1回スペシャルイベントデーがあるなど、モンゴルならではのお楽しみが目白押し 「13世紀村」の番兵兼案内人に出迎えられた先にはモンゴル帝国時代のゲルがどーんとありました。5月1日から本格始動で毎月1回スペシャルイベントデーがあるなど、モンゴルならではのお楽しみが目白押し

■13世紀村(National park 13th century)
所在地:トゥブ県エルデネソム
電話:976-11-328960 FAX: 976-11-321705
URL:http://genco-tour.mn , E-mail:info@genco-tour.mn (英語可)
要予約
日本語でのご予約・お問い合わせは、モンゴルホライズン E-mail:snd48644@nifty.com
入場料金:「13世紀村」$60/人(施設案内人・1日乗馬・昼食・ラクダ試乗・民族衣装を着ての記念撮影。フェルト細工などの体験工芸教室受講<自分で作った作品は持ち帰り可能>)
アクセス:ウランバートルからバスで約100分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索