page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
モンゴル・ウランバートル・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

心ほっこり「サクラベーカリー」。モンゴル情報と極上スイーツを召し上がれ


ウランバートルについたらここから情報収集

サクラベーカリーのおかみさんトーラさんが堪能で心和ます日本語で優しく出迎えてくれます。店頭に並ぶ手作りデザートはお持ち帰りもできます サクラベーカリーのおかみさんトーラさんが堪能で心和ます日本語で優しく出迎えてくれます。店頭に並ぶ手作りデザートはお持ち帰りもできます

モンゴル国が市場経済化と民主化に踏み切った90年代以降、日本との関係は年々親密になっています。義務教育機関や大学、専門学校で日本語を教える学校も多く、上手に日本語を話すモンゴル人も増加中。今日、モンゴル国に在住している日本人は400人弱。10年前に比べると10倍以上! 二国間の交流がさかんになり、在留邦人が増えたおかげで、日本食を食べられる食事処も続々とオープンしています。外国旅行中に気になるのが、食事と生活情報。今回ご紹介する「サクラベーカリー」はその両方でご満足いただけること間違いなしです。

あったかい家庭料理にモンゴル通や日本通が集まるお食事処

具沢山の鍋焼きうどんは大人気。土鍋がぐつぐつのあっつあつなので、とり皿に取り分けて食べるもよし、汗だくになってすするもよし 具沢山の鍋焼きうどんは大人気。土鍋がぐつぐつのあっつあつなので、とり皿に取り分けて食べるもよし、汗だくになってすするもよし

ウランバートルには約10軒の日本食のお店がありますが、私がサクラベーカリーを愛しているのは、食事やケーキが美味しいからだけではありません。お店の雰囲気そのものが私を包んで、優しい気持ちと元気パワーで満たしてくれるからなのです。私の大好物は、シュークリームと鍋焼きうどん。材料調達が決して簡単とはいえないモンゴル国ですが、海外青年協力隊員として2年間、ダルハンという第二の都市でケーキ職人の指導にあたっていた「父ちゃん」ことマサルさんの豊かな経験と技で極上のデザートや定食を次々に編み出しています。

フェアトレードの発信地。モンゴル定番のお土産の調達も可能

フェアトレードのお土産コーナー。壁にはモンゴルを訪れた日本の有名人の直筆サインがずらりと並んでいます フェアトレードのお土産コーナー。壁にはモンゴルを訪れた日本の有名人の直筆サインがずらりと並んでいます

いたれりつくせりのカフェ・ベーカリーでは、美味しい食事やスイーツを食べながら、旅や生活情報を仕入れることができます。さらに、日本で大人気のお土産「モンゴル岩塩」やきめ細かい細工が魅力的なカザフ伝統の刺繍工芸品の販売コーナーもあります。販売元会社の経営幹部の皆さんも常連さんなので、他では聞けないモンゴルの目玉情報が仕入れられるのも、このお店に日本人や親日モンゴル人が集まってくる理由のひとつ。日本の庶民派定食屋さんのように日本の漫画や雑誌、文庫本が本棚にぎっしり。心も体もリラックスできます

これぞホントの国際協力。日本とモンゴルの架け橋スポット

明るく元気なサクラベーカリーの皆さん。心豊かにしてくれる素敵なおもてなしは日本とモンゴルのチームワークとオーナー夫婦マサルさんとトーラさんの努力の賜物 明るく元気なサクラベーカリーの皆さん。心豊かにしてくれる素敵なおもてなしは日本とモンゴルのチームワークとオーナー夫婦マサルさんとトーラさんの努力の賜物

サクラベーカリーが誕生したのは2003年の夏。試行錯誤で様々なスイーツや菓子パンが登場していました。在留邦人のリクエストに応えて、国際結婚カップルのオーナー夫婦が数少ない日本食材をフル活用で栄養バランスの取れた定食サービスもスタート。長期滞在のモンゴル通在留邦人が集う情報交換の場なので、初めてのお客さんでもお店のスタッフだけでなく、常連さんたちもフレンドリーに迎え入れてくれます。困ったことがあったら、ユニークな旅がしたかったら、心を和ませたかったら、、、とにかく一度、お立ち寄りください!

【関連情報】

店名:「サクラベーカリー」
場所:国立サーカス劇場の北西側。
電話:99813612
営業時間:9:00-20:00(火曜日-土曜日) 9:00-19:00(日曜日)
定休日:月曜日
その他:予約すれば、お弁当サービスもあり。定休日でもバースデイケーキなど特別なご予約は承ります。
岩塩製品、カザフ刺繍工芸品など素敵なお土産品コーナーあり。
日本語ガイド、通訳・翻訳サービス、貸しアパート情報などお役立ち情報も提供中。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索