page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
モンゴル・ウランバートル・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

7月11日はモンゴル国革命記念日 国民祝祭「ナーダム」は血沸き肉踊るイベントだ!


掲載日:2008/07/08 テーマ:祭り・イベント 行き先: モンゴル / ウランバートル

タグ: たのしい スポーツイベント


モンゴル民族最大のイベント「ナーダム」とは?

競馬の騎手は小学生。6歳馬以上のクラスは直線コースで約30km。30km先のスタート地点まで馬でいくので往復60kmの耐久戦となる。スタート地点到着までにコースの下見をするため3時間くらいかかる 競馬の騎手は小学生。6歳馬以上のクラスは直線コースで約30km。30km先のスタート地点まで馬でいくので往復60kmの耐久戦となる。スタート地点到着までにコースの下見をするため3時間くらいかかる

モンゴル国は国民祝祭日が日本に比べるととても少ないです。全国的に休みになるのは、旧正月「ツァガンサル(「白い月」の意味)」と「ナーダム(「楽しみ、娯楽」の意味)」だけです。ナーダムとは、本来は、一族郎党が信仰する山で祖先の霊や大地の神に秋の豊穣・収穫を祈る儀式「オボー祭」のあとに行われる宴会のこと。競馬・相撲・弓射の三競技で男達が腕を競いあいます。ナーダムは夏の間、各地で村の名士や長老の誕生日や土地神信仰の儀式のあとに行われますが、その中で最大なのが、7月11日から3日間続く革命記念ナーダムです。

小さな村のナーダムで「ナーダム」にかぶりつき

村のナーダムといえども将来有望な若いモンゴル相撲の力士が出場することもあります。土俵のないモンゴル相撲は立派なスタジアムよりも、広大な大平原がお似合い 村のナーダムといえども将来有望な若いモンゴル相撲の力士が出場することもあります。土俵のないモンゴル相撲は立派なスタジアムよりも、広大な大平原がお似合い

モンゴル国の首都ウランバートルのナーダムは盛大ですが、警備も厳重。事前にチケットや車の通行証を手配しなくてはなりません。国立競技場では有名なモンゴル相撲の力士の一斉取り組みなど迫力満点なのですが、炎天下で一日中トイレ設備もまともではない環境での観戦は、相当の体力と忍耐力が要求されます。私のお勧めは、小さな村のナーダム。外国人が少人数で参加した場合は、村役場の厚意で貴賓席観戦できることもあります。モンゴル相撲もかぶりつきだし、タイムテーブルも全競技を観戦・参加できるように組まれていてお得です。

モンゴル相撲に挑戦。日本男児も参加OK

左のピンクのTシャツが日本男児!緑の草原にぐるり車座になった観客が土俵?馬や車で乗りつける観客もいます 左のピンクのTシャツが日本男児!緑の草原にぐるり車座になった観客が土俵?馬や車で乗りつける観客もいます

村のナーダムの魅力は、誰でも参加自由なこと。柔道や合気道、相撲などをかじったことのある男性は、ぜひ相撲に挑戦してください。衣装は地元の人が貸してくれますし、なくても可。自前がよければ、ウランバートルにある相撲会館内の相撲グッズ店やザハ(雑貨市場)で購入可。モンゴル相撲のルールは簡単。両膝、両肘、背中、お尻のいずれかが大地についたほうが負け。手のひらはついてもOK。ちなみに決め技の種類は600以上だとか。時間制限がないため、1日では勝負がつかず翌日まで試合を持ち越すこともあります。

恋の花咲くこともある?昼は闘い、夜は出逢いのチャンス

壮絶な死闘を繰り広げる少年騎手たち。厳しい調教に耐え、試練を乗り越え人馬一体となってゴールを目指す。精根尽き果てゴールした途端に息絶える馬もいるほどレースは苛酷なのだ 壮絶な死闘を繰り広げる少年騎手たち。厳しい調教に耐え、試練を乗り越え人馬一体となってゴールを目指す。精根尽き果てゴールした途端に息絶える馬もいるほどレースは苛酷なのだ

革命記念のナーダムは7月11日から13日まで続きます。ウランバートルのナーダムでは相撲2日間、競馬は3日間、弓競技は10日から2日間といった日程です。村のナーダムは参加人数が首都ほど多くないので、こじんまりとしています。競馬やモンゴル相撲以外に、夜はダンスパーティーやコンサート、バレーボールやバスケットボール、チェスなどもあります。どの村でも参加大歓迎。人口密度の低さを誇るモンゴル国では、点在して暮らす遊牧民の若い男女が出遭う数少ないチャンスがナーダム。地元の人たちとの交流を楽しんでくださいね。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索