page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
モンゴル・ウランバートル・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

首都制定375周年記念でウランバートル市デートスポット大改善中!


掲載日:2009/06/24 テーマ:観光地・名所 行き先: モンゴル / ウランバートル

タグ: 公園 歴史


ウランバートル市民の憩いの場

昔ながらのスフバートル広場前公園の様子。一回50円程度の占い師さんがのんびりたむろしています。27個の石や9つのコインを使うだけの単純なものなのに、意外とあたると評判です 昔ながらのスフバートル広場前公園の様子。一回50円程度の占い師さんがのんびりたむろしています。27個の石や9つのコインを使うだけの単純なものなのに、意外とあたると評判です

ウランバートルの中心で観光客が必ず立ち寄る観光名所といえばスフバートル広場。この広場前に、緑豊かな公園があり、市民の憩いの場、定番のデートスポットになっています。今年は、現在ウランバートルと呼ばれているモンゴルの首都が、今の場所に制定されてから375周年という記念すべき年。街の中心部の街路樹や花壇、公園の緑化や整備が日々、精力的に進められています。中でも、街の顔であるスフバートル広場前公園の成長ぶりはダントツ。昔ながらの素朴さと、画期的な「都会のオアシス」のコントラストは一見の価値あり。

平和の鐘前集合はウランバートルっ子の基本

平和の鐘は、特別なときだけ鳴らすように鐘つき棒が撤去されてしまいました。荘厳で心地よい音色が夕暮れ時に鳴り響くのはとても素敵でしたが、腕白坊主のいたずらでやむを得ずの措置 平和の鐘は、特別なときだけ鳴らすように鐘つき棒が撤去されてしまいました。荘厳で心地よい音色が夕暮れ時に鳴り響くのはとても素敵でしたが、腕白坊主のいたずらでやむを得ずの措置

90年代初頭に行われた民主化を記念して建立された「平和の鐘」は、今ではすっかりウランバートルっ子の定番の集合場所です。有人公衆電話や占い、賭けゲーム、タバコ売りなど、時間にルーズなモンゴル人同士の待ち合わせに不可欠な時間つぶしアイテムが大集合しています。仏教寺院風の巧みな組み木細工でできた屋根が心地よい日陰を作ってくれるため自然と人がたむろするようになりました。この鐘の前は、ウランバートル東西を横断する数多くの路線バスが止まる停留所があるので、バスを待つ人々もこの日陰で涼んでいます。

モンゴル現代芸術作品をぶらり無料鑑賞!

日差しの強いウランバートルでは、噴水の水しぶきの爽快感がうれしい。モンゴルを代表する芸術作品「荒馬ならし」はウランバートル市民に長年愛されています 日差しの強いウランバートルでは、噴水の水しぶきの爽快感がうれしい。モンゴルを代表する芸術作品「荒馬ならし」はウランバートル市民に長年愛されています

緑地公園の新スポットの整備は今年5月に終わったばかり。生まれ変わった緑地公園は都会の市民が憩うオアシスをイメージ。爽やかに水しぶきを振りまく噴水スポットの周りには、老若男女かまわず人があふれています。社会主義時代のモンゴル現代芸術の代表作品として親しまれてきた「荒馬ならし」をはじめ、モンゴル首都制定記念で制作されたブロンズ像作品がいたるところに展示されています。モンゴル人遊牧民の暮らしをビビッドに、力強く表現したほほえましい作品の数々がタダで鑑賞できるお勧めスポットです。

民主化を進めるモンゴルの象徴

暴動現場となった保守党・モンゴル人民革命党本部ビル前には、モンゴル帝国時代の定刻安定の象徴であった亀石碑があります。石碑の上部の金色の彫刻は、ウランバートル市のシンボル・ガルーダです 暴動現場となった保守党・モンゴル人民革命党本部ビル前には、モンゴル帝国時代の定刻安定の象徴であった亀石碑があります。石碑の上部の金色の彫刻は、ウランバートル市のシンボル・ガルーダです

無血革命によって共産主義制度が崩壊し、民主化が始まって今年でちょうど20年。記念すべきこの年に、モンゴル国では、民主化運動派のリーダーが初めて大統領に選ばれました。2008年7月1日、その前日に行われた国会議員総選挙の不正投票・集計疑惑などに対する保守党への抗議デモが過熱し、暴動という悲劇を引き起こしてしまった現場は、この公園のすぐ裏です。焼き払われたビルの廃墟が残っています。公正な民主主義を実践していく希望と、二度と繰り返してはいけない悲劇の象徴がこの公園にたくされています。

【関連情報】

「子羊を抱く遊牧民の少年」いくつかのスポットに区切られた緑地公園それぞれのコーナーには、ウランバートル市民有志によって寄贈されたモンゴル現代芸術作品が展示されています 「子羊を抱く遊牧民の少年」いくつかのスポットに区切られた緑地公園それぞれのコーナーには、ウランバートル市民有志によって寄贈されたモンゴル現代芸術作品が展示されています

■ウランバートル市緑地公園(スフバートル広場前公園)
所在地:ウランバートル市スフバートル区スフバートル広場南

清潔な公衆トイレは、使用料200トゥグルグで使えます。普段は管理のために南京錠がかかっていますが、近くの小屋の管理人さんに合図すれば使えます。

占いは、一回500トゥグルグが相場。5-10分くらいで終わります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/06/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索