page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
モンゴル・ウランバートル・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

モンゴルであこがれのマイホーム 10万円で買っちゃいました


掲載日:2009/09/09 テーマ:ショッピング 行き先: モンゴル / ウランバートル

タグ: たのしい ためになる 建築


移動式住居の決定版・モンゴルゲル

モンゴル最大の市場「ナラントール」東南に新設されたゲルコーナー。大小さまざまなゲルのパーツが売られています。 モンゴル最大の市場「ナラントール」東南に新設されたゲルコーナー。大小さまざまなゲルのパーツが売られています。

モンゴルといえば緑の大草原にポツンポツンと点在する遊牧民の小さな白い家「ゲル」。日本人の観光客にも、「モンゴルゲルを建てる」体験ツアーは人気です。大人3人いれば、1時間足らずで建てられるのに、四季を通じて快適に過ごせる。組み立ても解体も持ち運びも簡単な一軒家「ゲル」の魅力を語りだすと、いくら字数があっても足りません。つい、先日、ゲルを自分で買ってみての実感。ゲルは「自分のニーズで簡単に買える」手頃さが一番の魅力ではないか、と。

値段はピンキリ。生活スタイルに合わせて大きさも様々

美しい手彫り彫刻の天窓は眺めているだけでも幸せな気分になります。輸出用の高級品は、一般的な家庭用の5枚ハナでも約60万円(本体のみ)もします。 美しい手彫り彫刻の天窓は眺めているだけでも幸せな気分になります。輸出用の高級品は、一般的な家庭用の5枚ハナでも約60万円(本体のみ)もします。

モンゴルのゲルは活用範囲が広いです。夏のウランバートルでは街のあちこちに、馬乳酒を売る夏季限定の「アイラグゲル」が建ち並びます。普通の住居用ゲルがすっぽり入ってしまう巨大なギャラリーやカシミア製品やウールカーペットを売るお店など人目を引くための宣伝効果も抜群。宿泊施設やレストラン、選挙運動の事務所にもなります。生後間もない羊やヤギを入れる保育所に。紋様も手彫りの精密な彫刻ものから、紋様のないシンプルなもの、天窓の木枠部分の細工も様々。それぞれ縁起モノの紋様が手描きで施されていて、目移りします。

パーツはそれぞれ自分でカスタマイズ。

扉の部分にくっつけるハナの端っこをのこぎりで切りそろえています。新規ゲルの組み立てには大工仕事が欠かせません。 扉の部分にくっつけるハナの端っこをのこぎりで切りそろえています。新規ゲルの組み立てには大工仕事が欠かせません。

真新しいゲルを一式購入すると、約10万円です。でも、すぐには建てられません。ハナといわれる壁部分の蛇腹状の骨組みを組み合わせ、円形に固定して形を整えたり、天窓とハナをジョイントする梁(オニ)の長さを整えたり、ハナと扉部分のジョイントの切り口をそろえたりするのは、購入者の仕事。他にも、壁や屋根や天窓のフェルトやゲルカバーに固定用の紐を縫い付けたり、床板をなめらかに鑢をかけたりといったDIY作業がたくさんあります。ひとつひとつの作業が、「自分の家を作ってるんだなぁ」って実感できて楽しいです。

軽トラ一台でらくらくお引越し

フェルトを切ったりつないだりして、屋根覆い部分のパーツを作ってるおばちゃん。自分でやってみると意外とフェルトが針の通りが悪くて重労働でした。来年の秋は、自分でフェルトも作ってみます。 フェルトを切ったりつないだりして、屋根覆い部分のパーツを作ってるおばちゃん。自分でやってみると意外とフェルトが針の通りが悪くて重労働でした。来年の秋は、自分でフェルトも作ってみます。

自分の気に入ったサイズのゲルのパーツをそれぞれ調達したら、いよいよ運搬。床板まで含めると軽トラ1台分。市内なら輸送料は約1500円弱。搭載方法にはコツがあるようで、いざ、ゲル一式購入者が出た、となるとゲル販売コーナーの売り子さん達がわいわい集まってきて、軽トラやマイクロバスに積み込むのを手伝ってくれます。意外にかさばるのが床板とフェルト部分。1年に何度も組立と解体を繰り返すうちにゲルも人に馴染むんだよ、 と売り子さんたちに送り出されました。約10万円でマイホーム持ち。でも、住む場所はまだ未定です。

【関連情報】

12人乗りのマイカーにゲルを積み込みます。天窓の木枠を積み込めば、夏用ゲルのパーツは全て完了。床板は9パーツあり重いので軽トラの運送屋さんを頼みました。あれよあれよと積み込みはわずか15分で完了。 12人乗りのマイカーにゲルを積み込みます。天窓の木枠を積み込めば、夏用ゲルのパーツは全て完了。床板は9パーツあり重いので軽トラの運送屋さんを頼みました。あれよあれよと積み込みはわずか15分で完了。


所在地:ウランバートル市バヤンズルフ区ナラントール市場新設ゲルコーナー
アクセス;ウランバートル市内循環バスまたは乗り合いマイクロバス(ミクロ)「ザハ行き」路線でナラントール市場停留場で下車。徒歩0分。正面門からは東南方向にあります。
火曜日定休。営業時間は、10:00頃から18:00頃まで。旧正月・ナーダムなど国民祝祭日は休業。
ゲル用の家具販売・注文受付もやってます。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/09/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索