ミャンマー国技ラウェイを堪能しよう

ミャンマー・バゴー・観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

ミャンマー国技ラウェイを堪能しよう

掲載日:2016/02/03 テーマ:観光地・名所 行き先: ミャンマー / バゴー ライター:田島みえ

タグ: すごい! ハラハラドキドキ 一度は見たい



ABガイド:田島みえ

【ミャンマーのABガイド】 田島みえ
全ガイドを見る
ミャンマー(ヤンゴン)在住。フリーライター&フリーアナウンサー。民放勤務を経て、夫の赴任に伴ってタイ、フィリピン移住、2013年よりミャンマーへ。 タイ発行の日本語情報誌「WOM」を始め、東南アジア情報を雑誌やWEBに寄稿。ヤンゴンや地方の古都を巡り、まだ知られていないミャンマーの人々や生活の魅力もご紹介します。

ラウェイの試合は週末の午後に行われることが多く、スタートの2時過ぎは若手の前哨戦、夕方4時〜5時がメインゲームになり熱気に包まれます。 ラウェイの試合は週末の午後に行われることが多く、スタートの2時過ぎは若手の前哨戦、夕方4時〜5時がメインゲームになり熱気に包まれます。

ミャンマー伝統の格闘技ラウェイは国民的スポーツ

ミャンマーの国技とされている「ラウェイ」はとても簡潔に表現するとキックボクシングのようなものですが、正真正銘の格闘技です。素手と裸足で殴る蹴る、頭突きも肘打ちもなんでもありで、判定なしのどちらかが倒れるKOで勝負が決まるという迫力あるものです。ミャンマーの人々はこのラウェイの観戦に熱狂し、ヤンゴンにはラウェイ専用の大きなスタジアムがあって、毎週のようにファイトゲームが行われ、しかも満員御礼状態なのです。

 

リング上には、来日して対戦したことがある元無差別級チャンピオン、ロン・チョーがあがり自身が育成したファイターをケアしています。観客がかつての王者の姿にも熱狂します。 リング上には、来日して対戦したことがある元無差別級チャンピオン、ロン・チョーがあがり自身が育成したファイターをケアしています。観客がかつての王者の姿にも熱狂します。

鍛えぬかれた体だけでなく、精神力、忍耐力も併せもつファイター

ラウェイのチャンピオンはミャンマーでは英雄です。残念ながらファイトマネーががっぽり入り一生遊んで暮らせるまでではまったくありませんが、人々から親しまれ尊敬される存在になります。ヤンゴンだけでも育成ジムは多数ありますが、西洋ボクシングやその他のスポーツも民政移管後にミャンマーに流入し、ラウェイファイターを目指す若者が減少してきていると言われています。少数民族のカレン族はラウェイが非常に強いとされていて、地方戦(少数民族)を制して、ヤンゴンでチャンピオンに挑む次世代ファイターが多いようです。

 

演奏隊の皆さん。慣れた感じでゲームの進行状況に応じて様々な音を出しています。実況のオジさんは審判やゲームギャッジと同等の重要人物とされている雰囲気があります。 演奏隊の皆さん。慣れた感じでゲームの進行状況に応じて様々な音を出しています。実況のオジさんは審判やゲームギャッジと同等の重要人物とされている雰囲気があります。

伝統楽器による生演奏と独特の生実況にも注目

迫力あるゲームの他にぜひ注目してもらいたいのが、会場の一角にあるミャンマー伝統楽器による生演奏。試合中はずっと演奏が続き、時おり女性による歌声が響きます。歌の歌詞や入るタイミングにもきっと重要な意味があるようですが、初心者にはわかりにくいです…。そして、実況! ダミ声のオジさん(絶対アナウンサーではない)が「アイヤー」や「トォー」と動きを音にして盛り上げる、言葉での実況とは違うものですが、それがまたおおいにゲームを盛況にしていて、ファイトゲームには欠かせないものになっています。

 

1ゲーム5ラウンドほど行われますが、4名のラウンドガールが入れ替わり立ち替わり登場。 1ゲーム5ラウンドほど行われますが、4名のラウンドガールが入れ替わり立ち替わり登場。

ラウンドガールに美女登場!

ミャンマーではミス・ユニバースが2013年に52年ぶりに再開されるなど、「美女」への関心や注目度もぐっと高くなってきています。これまでミャンマー女性は肌を露出したりすることも歓迎されておらず、黒髪ストレートでぽっちゃり体型がよしとされてきましたが、ここ数年で「美女」の基準も少しずつ推移しているようです。ラウェイ会場では、スタイル抜群のミニスカートのラウンドガールが登場。観客の大多数をしめる男性は大喜び! これもゲームの楽しみのひとつになっているのは間違いありません。

 

ミャンマー人ファイター同士の試合の他、外国から格闘家(タイのムエタイ選手やアメリカのボクシング選手)を招致してのゲームもあり、見ごたえがあります。 ミャンマー人ファイター同士の試合の他、外国から格闘家(タイのムエタイ選手やアメリカのボクシング選手)を招致してのゲームもあり、見ごたえがあります。

【関連情報】

ヤンゴンでのラウェイ観戦: Thein Phyu Studium(カンドージ湖南沿い)
週末午後にゲームが行われることが多い。当日券をスタジアム前の発券所で購入できる。リングサイドは50000ksとミャンマー物価では高めの設定ですが、一般席では3000ks〜5000ksほど。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/02/03)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値バゴーツアー


最安料金万円

合算 目安 24.24万円25.44万円
旅行代金: 23.6524.85万円
燃油目安: 0.59万円
9日間
成田発

バゴー ツアー

2名から出発 ミャンマー三大仏塔全て観光  もうひとつの微笑みの国  ミャンマー縦断 9日間 ミャンマー聖地訪問。夕日、朝日鑑賞。ゴールデ…

ホテル:ヤンゴン市内スタンダードクラス。イースト…
航空会社:キャセイパシフィック航空、ANA、シンガ…

日程表を見る

■安心の日本語ガイド同行。■ミャンマー最大の都市ヤンゴン、最初の王朝バガン■「ビルマの竪琴」で有名なパゴーの町、ツアーではなかなか行かない「サレー」訪問。「ピイ」「バゴー」などの田舎にも滞在。■バ…

旅行会社/ブランド:クロノス・インターナショナル

合算 目安 26.24万円27.84万円
旅行代金: 25.6527.25万円
燃油目安: 0.59万円
9日間
成田発

バゴー ツアー

2名から出発 ミャンマー三大仏塔全て観光  もうひとつの微笑みの国  ミャンマー縦断 9日間 スーペリアホテルランク利用  ミャンマー聖地訪…

ホテル:ヤンゴン市内デラックスクラス。パークロイ…
航空会社:キャセイパシフィック航空、ANA、シンガ…

日程表を見る

■安心の日本語ガイド同行。■ミャンマー最大の都市ヤンゴン、最初の王朝バガン■「ビルマの竪琴」で有名なパゴーの町、ツアーではなかなか行かない「サレー」訪問。「ピイ」「バゴー」などの田舎にも滞在。■バ…

旅行会社/ブランド:クロノス・インターナショナル


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事