page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ミャンマー・マンダレー・物語のあの場所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ジョージ・オーウェルゆかりのスポットを巡るカターの旅


掲載日:2020/02/16 テーマ:物語のあの場所 行き先: ミャンマー / マンダレー

タグ: ロマン 建築 史跡 歴史


整備が進み観光客が増加の注目スポット

ジョージ・オーウェル邸。ただし、ここではなかったのでは、という説もある ジョージ・オーウェル邸。ただし、ここではなかったのでは、という説もある

このところ、ミャンマーを訪れる欧米人に人気急上昇の観光地があります。それはザガイン地方のカター。英領時代に河川貿易港として栄えたものの戦後はさびれた田舎町になっていましたが、英文学界を代表する巨匠作家ジョージ・オーウェルがかつて住み、ここを舞台にデビュー作『ビルマの日々』を書いたことで知られています。昨年9月に、カターに残るオーウェルゆかりの建物や小説の舞台となった場所を整備し、観光客が周りやすいように英語の案内板を建てるなどしたことが、観光客を呼び込むことに繋がったようです。

警官としてミャンマー各地を転任したオーウェル

カターに数あるコロニアル建築の中で最も保存状態がよい建物のひとつ、マックグレーガー邸 カターに数あるコロニアル建築の中で最も保存状態がよい建物のひとつ、マックグレーガー邸

1903年生まれのジョージ・オーウェルは19歳でミャンマーへ渡り、マンダレーの警察学校へ入ります。その後、警察官としてエーヤワディ地方のミャウンミャ、ヤンゴンおよびその近郊の町々、そしてモン州のモーラミャインでの勤務を経て、カターへ赴任しました。しかし、カター以外の町には、オーウェルゆかりであることがはっきりわかる建物などはありません。カターについては『ビルマの日々』執筆の際のメモなどから、モデルとなった建物がどれなのかがわかったようです。

コンパクトな町の周遊は自転車がおすすめ

オーウェルゆかりの地や小説に登場する建物の前には、このような案内表示板を設置。解説と地図がのっていて便利 オーウェルゆかりの地や小説に登場する建物の前には、このような案内表示板を設置。解説と地図がのっていて便利

オーウェルゆかりの地巡りをするには、レンタルサイクルが最適です。ホテルなどで交渉してみてください。町はさほど広くなく、見どころは市街中心部に建つアウンサン将軍像周辺に集中。各ポイントには地図付きの解説板が建っています。観光化されて間もないこともあり、どの建物も役所として使用していたり、住人がいたりしますので、見学する際は許可を求めてください。入場料や営業時間といったものもありません。早朝や夜遅くでも入れてもらえるかもしれませんが、常識的な時間に訪れた方がよいでしょう。

雰囲気を味わいたいテニスコート

テニスコートは中へは入れないが、チーク作りの立派な門のほか、金網越しに今も現役のコートを見ることができる テニスコートは中へは入れないが、チーク作りの立派な門のほか、金網越しに今も現役のコートを見ることができる

必ず訪れたいのは、かつてのオーウェル邸や彼の勤務先だった警察署、小説の重要な舞台となったテニスコートとブリティッシュクラブあたりでしょうか。このうち、警察署とテニスコートは中へは入れません。また、小説中でマックグレーガー邸となっている当時の副長官邸は保存状態がよく、こちらも一見の価値ありです。どこも内部には何もなく殺風景ですが、いずれ博物館として当時の資料などを飾るようになるのかもしれません。というか、そうなっていただきたいところです。

カターへの拠点はインドー

カターで最も設備が整ったホテルのひとつ、カターホテル。オーウェルゆかりの地のほとんどへ歩いて行ける距離だ カターで最も設備が整ったホテルのひとつ、カターホテル。オーウェルゆかりの地のほとんどへ歩いて行ける距離だ

カターへは、最寄りのミッチーナ空港から車で約5時間。陸路ならマンダレーからミッチーナへ向かう長距離バスでインドーにて下車し、そこから車をチャーターすることになります。マンダレーからインドーまでの所要時間は約10時間で、さらに約1時間を要するインドー・カター間の車は、現地旅行会社などを通じてあらかじめ予約しておくことをおすすめします。カターには2つ星レベルのホテルが2軒ありますが、レストランはローカルのみ。奇岩の聖地ザロンタウンパゴダも近いので、旅行を計画する際は組み込むとよいでしょう。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/02/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索