モヒンガー初体験は、まるで悪夢

ミャンマーの国民的なスープ麺「モヒンガー」を最初に食べたのは、地方のとあるゲストハウスの朝食でした。ひと口食べて、「むむむ? 」。せっかちな私の舌が二口目で出した結論は「絶対無理!」。お客さんが少ない季節だったせいなのか、スープにフレッシュさがない。ベタベタと油っこくてまずい。虫っぽい奇妙なものも浮いてるし…。この悪夢が尾を引いて、しばらく「モヒンガーはちょっと…」と敬遠してきた私。ところがマンダレーの友人にこの話をすると、「おいしい店で食べなくちゃ」と地元で人気の店をいくつか教えてくれました。

ミャンマーの国民食「モヒンガー」は、店選びとトッピングで味わいは天国と地獄 ミャンマーの国民食「モヒンガー」は、店選びとトッピングで味わいは天国と地獄

トッピングの種類を覚えておこう

モヒンガーは朝食の定番。いちばん人気という屋台は、朝の8時30分にはすでに売り切れでした。清掃中のスタッフが無情にも手振りで「バイバ〜イ」。もうひとつのおすすめである近くの専門店を訪れました。店のスタッフがいろいろ尋ねてくれるものの、注文の仕方がわからない。外国人だと気づくと、店主が出てきて英語で説明してくれました。トッピングは、ペーヂョー(豆の天ぷら)、ガペヂョー(魚のすり身揚げ)、オーベーウ(あひるの玉子の味玉)、ブーディヂョー(夕顔の実の天ぷら)、イチャークェー(揚げパン)などがあります。

魚だしのきいたスープを麺にたっぷりかけて

注文するとまもなく、スープと麺、別皿にお願いしたトッピングや薬味が登場。スープは、ナマズなど魚のだしにレモングラス、ニンニク、ショウガ、コショウ、タマネギ、ウコン、大豆を擦ったものなどが入ったもの。悪夢の初体験で見た奇妙なものの正体は、バナナの茎でした。これを入れると甘みとコクが出るんだそう。なぁんだ〜。さて、おそるおそるスープをひと口。おっ、魚だしのきいたスープは滋味豊かでおいしい! ナンティという、そうめん風の米の麺にスープをかけていただきます。お店により太麺や平麺を使うこともあります。

トッピングと薬味が味わいをさらに豊かに

パリパリした豆の天ぷらは、崩しながら食べましょう。香草や煎った唐辛子、ナンプラーなど薬味はお好みで。少しずつ加えると味の変化が楽しめます。おっと、ライムを搾るのも忘れずに。スープはおかわりOKなので、「ヒンイェー ぺーバー(スープください)」とひとこと。こんなに一杯で何度もおいしいモヒンガーを「まずい」と決めつけていた私は、なんという不届き者だったのでしょうか。料理も第一印象が大切。モヒンガーは各地の食堂や屋台で味わえますが、地元の人に“おいしい店”を教えてもらうことを強くおすすめします。