ネピドー旅行・ネピドー観光徹底ガイド

ネピドー旅行・ネピドー観光徹底ガイド

ネピドー旅行・観光の見どころ・観光情報

ヤンゴンから北約350kmに位置し、2006年10月に遷都されたミャンマーの新しい首都。町なかを東西南北に走る幹線道路は、片道10車線もあり飛行機の滑走路のよう。町のシンボルは、ヤンゴン最大の寺院シュエダゴン・パゴダを模したウッパタサンティ・パゴダ。建物内に入ることもできる。観光名所はほとんどないが、世界最大のスターサファイアの原石がある宝石博物館や、サファリパークが比較的おすすめ。オバマ大統領が宿泊したゴージャスなケンピンスキーホテルをはじめ、ラグジュアリーなチェーン系ホテルなども揃う。(2016年9月編集部調べ)

ネピドーへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/04/26現在) フライト時間 現地との時差
ミャンマー語 MMK 1 MMK = 0.0824 JPY 約10時間 約-2.5時間

ネピドーの人気問合せ情報

ネピドーの最安値カレンダー

ネピドー旅行・観光の選び方

ネピドーとヤンゴン滞在の商用メインのツアーが一般的。専用車&日本語ガイド付きでスマートに

ネピドーを訪れるツアーは、ヤンゴンとの2都市滞在が主流で、ツアー期間は5日間から。ツアーは、主に商用に適したものが多く、ヤンゴン到着当日または翌日に専用車でネピドーに向かうのが主流。日本語ガイドが同行するプランが一般的で、リクエストすれば専門の通訳などを手配してくれるツアーもある。ネピドーでの滞在は、5日間のツアーなら1日、6日間のツアーなら2日程度。延泊もできるが、観光なら1泊でも十分だろう。ツアーで利用される高級ホテルのレストランは、インターナショナルなメニューが充実しているので、食事には困らない。(2016年9月編集部調べ)


ネピドーのグルメ・伝統料理

首都として新しく造られたネピドー。世界各国からビジネス客が訪れるので、高級ホテルのレストランには、国際的でグルメなメニューが用意されているので食事には困らない。ショッピングモール内には、ミャンマー料理、中華料理、タイ料理などの店が入っている。町の中心でバスターミナルにもなっているミョーマ・マーケットの丘の上には、ミャンマーの人たちに人気のレストランが集まっている。(2015年編集部調べ)

ネピドーのショッピング情報

ネピドー市内は、行政エリア、ホテルゾーンなど役割によって区分けされており、ショッピングモールやスーパーマーケットもホテルゾーンにある。空港からも近く、最も便利なホテルゾーン1には、衣料品店、スーパーマーケット、飲食店、映画館が入ったショッピングモール「ジャンクションセンター」、スーパーマーケット「キャピタル」がある。どちらもお土産を買うというより日常使いの品揃えだ。お土産を買うのにおすすめなのは、宝石博物館の即売会場。ショッピングをするだけなら博物館の入場料も必要ないので気軽に入れる。(2015年編集部調べ)

ネピドーの気温・降水量ベストシーズン情報

季節は11〜4月の乾季と5〜10月の雨季がある。一年中日中は30度以上と暑く、乾燥している。乾季は天気がよく、雨季はときどきスコールが起きる。日差しは強く室内は冷房で冷えるので、日焼けと冷房の対策を踏まえた服装で。(2015年編集部調べ)

ネピドーの人気ツアー

ネピドー旅行・ネピドー観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top