シットウェ旅行・シットウェ観光徹底ガイド

シットウェ旅行・シットウェ観光徹底ガイド

シットウェ旅行・観光の見どころ・観光情報

ミャンマーの西部、ベンガル湾に臨むカラダン川河口の町シットウェは、バングラディシュとの国境を接するヤカイン州の州都だ。アラカン王国の都として栄えたミャウー観光の玄関都市として利用されることが多い。ヤンゴンから飛行機でシットウェへ入り、ここでボートに乗り換えてミャウーへと向かう。町の観光名所はこれといってないが、ヤカイン州の歴史を概観できる州立博物館、ラカインスタイルの仏像を展示した仏陀博物館、フィッシュマーケット、ミャンマーの絶景ポイントのひとつでベンガル湾を望む、ザ・ポイントなどがおすすめ。(2016年9月編集部調べ)

言語 通貨 レート(2017/03/26現在) フライト時間 現地との時差
ミャンマー語 MMK 1 MMK = 0.0813 JPY 約7.5時間 約-2.5時間

シットウェの人気問合せ情報

シットウェの最安値カレンダー

シットウェへ行くツアーを見る

シットウェ旅行・観光の選び方

遺跡の町ミャウーへの玄関口として行き帰りに滞在。シーフード料理や散策を楽しむのもいい

シットウェへのツアーは、14世紀の遺跡が残る古都ミャウーへ訪れるツアーに含まれ、ツアー期間は8日間が主流。ミャウーへと向かうボートは、基本的に日中の運航で約5〜6時間かかることから、行き帰りにシットウェで1泊ずつするツアーの際に滞在する。ツアーでは、ヤカイン州立博物館やフィッシュマーケット、ベンガル湾を望むザ・ポイントなどを市内観光するが、あくまでミャウーヘの中継地点といった感じだ。おすすめ料理は、新鮮なシーフード料理や、ヤカイン州の麺料理モンティ。(2016年9月編集部調べ)


シットウェのグルメ・伝統料理

ツアーでは基本的にミャウーへの基点となる町で、あまりここでゆっくりする時間はとられておらず、また食事もホテルのレストランで取ることが多い。外国人向けのレストランは、町の中心部や川沿いのストランド通り沿いに点在している。グルメ向きというほどではないが、魚やエビといったシーフードも食べられる店も多い。また、シットウェのあるヤカイン州の地方料理にムンディ(モンディ)と呼ばれるスープ麺がある。これが町なかの屋台や食堂で食べられるので、機会があったら試してみるといい。(2015年編集部調べ)

シットウェの気温・降水量ベストシーズン情報

ミャンマーの中でも降雨量が多い地域で、たびたびサイクロンの被害を受ける。この時期はなるべく避け、天気がいい乾季の10〜2月がおすすめシーズン。服装は年間を通じて日本の夏服で。(2015年編集部調べ)

シットウェの人気ツアー

シットウェ旅行・シットウェ観光徹底ガイド

4件ヒットしました (2旅行会社 22.77〜34.23万円)
  • 1|
人気度

合算燃
目安
22.77
29.07

旅行代金: 22.08〜 28.38

燃油目安燃: 0.69

8日間

大阪発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
ベトナム航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ

人気度

合算燃
目安
28.73
34.03

旅行代金: 28.00〜 33.30

燃油目安燃: 0.73

7日間

関空発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
ベトナム航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: フェニックスツアー

人気度

合算燃
目安
22.97
29.27

旅行代金: 22.08〜 28.38

燃油目安燃: 0.89

8日間

東京発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
ベトナム航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

人気度

合算燃
目安
28.93
34.23

旅行代金: 28.20〜 33.50

燃油目安燃: 0.73

7日間

成田発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
ベトナム航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: フェニックスツアー

4件ヒットしました (2旅行会社 22.77〜34.23万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook