page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ヤンゴングルメガイド

ヤンゴンのグルメ・伝統料理

ミャンマーで唯一、豊富な各国料理が食べられる。中華や日本料理の店もあり、グルメも脂っこいミャンマー料理に疲れた胃を休められる。食事は市内の各所にモヒンガーなどの屋台が出るが、衛生面(とくに雨季)に問題があるので、レストランで食べるように。洋食はショッピングセンターの中や、高級ホテルのレストランで。予算は大衆的な食堂で一食150〜300円、中級レストランで一品400円〜、高級レストランでは日本とそんなに変わらない値段になる。(2015年編集部調べ)


ヤンゴンのレストラン・屋台

庶民的なレストランは、旧市街にあたるスーレーパゴダ周辺に、外国人向けやリッチなミャンマー人向けのレストランは、新市街に点在している。旧市街にはインド人街やチャイナタウンがあり、そのエリアではそれぞれの色が出た食堂が並び、人気店は味も美味しい。屋台は市内各所に出ているが、他の東南アジア諸国に比べると衛生面がかなり落ちるので、利用はすすめられない(とくに雨季)。また大衆的なレストランほど、閉店時間が早い(21時頃)ので、夕食を食べ逃さないように。

ヤンゴンの水・お酒

水道水などの生水は飲まずに、ペットボトルに入ったミネラルウォーターを買って飲むように。その際、きちんとフタが閉まっているものかをきちんと確認しよう。ミャンマースタイルの路上カフェでは、紅茶が一杯30円程度。お酒はビールを主体に、たいていのレストランで提供している。世界的なコンテストでも入賞歴があるミャンマービールや、定番のマンダレービールが人気。また、ビアステーションでは、生ビールも飲め、一杯50円程度と格安だ。


現地ガイド発!ヤンゴンのグルメ・料理最新情報

2020/04/08 グルメ

ミャンマー名物「茶葉の漬物」。ヤンゴンならここで食べよう!

ヤンゴン旅行イメージ-ミャンマー漆器には、茶葉の漬物専用の容器もある。放射線状に仕切りがあり、トッピングと漬物を分けて入れる。トッピングには各家庭の味が出る ミャンマー漆器には、茶葉の漬物専用の容器もある。放射線状に仕切りがあり、トッピングと漬物を分けて入れる。トッピングには各家庭の味が出る

ミャンマーならではの食文化に、茶葉の漬物があります。漬物にした茶葉を油であえ、揚げ豆やニンニク、唐辛子などをトッピングして食べるのです。食後のデザートや来客時のお茶請けとして一般的で、ミャンマーにある程度滞在すれば、一度は目にするのではないでしょうか。庶民的であるがゆえにレストランのメニューに並ぶことはあまりありませんでしたが、最近は外国人向けの店を中心に出す店が増え、調理法にもバラエティが見られるようになりました。ヤンゴンで茶葉漬物を使った料理を楽しめる、おすすめレストランを紹介します。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ヤンゴングルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるヤンゴンの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ヤンゴンのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!