page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ミャンマー・ヤンゴン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ヤンゴンで人気の少数民族料理店。ニューウェーブが続々登場


掲載日:2019/09/17 テーマ:グルメ 行き先: ミャンマー / ヤンゴン

タグ: おいしい グルメ スパイシー料理 レストラン 地酒


最大都市には、全土から少数民族が集結

写真はカチン料理店ムーアイ(下記参照)の料理。ザルの上に様々な総菜がのっている 写真はカチン料理店ムーアイ(下記参照)の料理。ザルの上に様々な総菜がのっている

ミャンマー料理は、全体にこってり&濃厚なのが特徴。重過ぎるかも、と言う人がいるのもわかります。でもそれは、人口の7割近くを占めるビルマ族の料理の話で、実はミャンマーは135もの民族を擁する多民族国家。最大都市ヤンゴンでは、趣きを異にする様々な少数民族の料理も味わえます。かつては少数民族料理店といえばシャン族とラカイン族のものくらいしか目に付きませんでしたが、2016年頃からの少数民族料理店ブームで、いまや選択肢が拡大。ここでは定番店ではなく、比較的最近オープンしたニューフェースをご紹介します。

地元誌で賞も獲得した人気カチン料理店

個人的なおすすめの一品は鶏肉のサワースープ。花梨(日本の花梨とは少し異なる)の実の酸味が爽やかな風味を出している 個人的なおすすめの一品は鶏肉のサワースープ。花梨(日本の花梨とは少し異なる)の実の酸味が爽やかな風味を出している

カチン料理店は、ここ数年で最も急増した少数民族料理店のひとつ。中でもムーアイは、地元英字情報誌が選ぶ「2018年ミャンマー料理店大賞」を受賞しています。20人も入れば満席になる小ぢんまりした店内で食べるカチン料理は、野菜とハーブ、唐辛子を多用し、脂分がひかえめ。在住外国人受けするのもわかります。オーナーはカチン州バモー出身のカチン族で、ヤンゴンで手に入らない食材は故郷から取り寄せているそうです。

■ムーアイ/Mu Ai
住所:10B Hledan 1st Rd., Kamayut Tsp., Yangon
電話:09-9741-81883
営業時間:11:00〜21:00(日曜14:00〜)

ヤンゴン初? カヤー族料理を出すカフェ&バー

カヤー州に住む民族としては「首長族」として有名なカヤン族が有名だが、こちらは人口の多くを占めるカヤン族の料理を出す店だ カヤー州に住む民族としては「首長族」として有名なカヤン族が有名だが、こちらは人口の多くを占めるカヤン族の料理を出す店だ

一見よくある、ミャンマーの若者たちが集うお洒落系カジュアルカフェ&バー、ティティズキッチン。実はここは、ミャンマー東部に住むカヤー族の料理を出すレストランなんです。私が知る限りでは、ヤンゴンで初のカヤー料理店ではないかと思います。カヤー料理で有名なのは、特産の胡椒をたっぷり使ったカヤー風ソーセージ。名物の地酒と一緒にどうぞ。タムウェーの奥まった路地にあり見つけにくいですが、頑張って探してみてください。

■ティティズキッチン/TT'S KITCHEN
住所:17A Thadi Pahtan Rd., Tamwe Tsp., Yangon
電話:09-9521-07799
営業時間:10:30〜23:00 無休

未知の世界にトライを。チン族のお粥専門店

チン族はキリスト教徒が多いため、仏教徒があまり食べない牛肉も日常的に食べる。メインの干し肉も、牛、豚、鶏からチョイス チン族はキリスト教徒が多いため、仏教徒があまり食べない牛肉も日常的に食べる。メインの干し肉も、牛、豚、鶏からチョイス

チン族が住むチン州はヤンゴンから遠いこともあり、カチン族やラカイン族ほどはヤンゴンへの移住者は少なく、ヤンゴンでの存在感はあまり強くありません。そのせいかチン料理店はできても、あまり長続きしませんでした。ただし、トウモロコシと干し肉を入れるチン風粥を出す店だけは別。ローカルの小さい店がいくつかありますが、中でもここ、マイサブティは外国人でも比較的店入りやすい雰囲気。珍しい料理を食べてみたい人におすすめします。

■マイサブティ/Mai Sabuti
住所:11 San Yae Twin Rd., SanchaungTsp., Yangon
電話:09-7792-88526
営業時間:10:00〜21:00、無休

激戦のヤンゴン・ラカイン料理界に新顔

カジュアル系のラカイン料理店に比べ、友人とおしゃべりしながらゆっくりとラカイン料理を楽しめる雰囲気だ カジュアル系のラカイン料理店に比べ、友人とおしゃべりしながらゆっくりとラカイン料理を楽しめる雰囲気だ

ラカイン料理店は、全国でチェーン展開するミンランはじめ、その多くがかなりカジュアルな雰囲気。しかし、パラミ通りでミンランと軒を並べてオープンしたロイヤルラカインキッチンは、他店より少しフォーマル度が高く、盛り付けやサービスもワンランクアップさせてあります。ラカイン料理といえば青唐辛子たっぷりで口から火が出るほど辛いことで有名ですが、同店ではビルマ族にも受け入れられやすいようにか、多少唐辛子はひかえめになっています。

■ロイヤルラカインキッチン/Royal Rakhine Kitchen
住所:15 Parami Rd., Mayangone Tsp., Yangon
電話:09-9552-62242
営業時間:11:00〜22:00、無休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/09/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索